FC2ブログ










ゼロの使い魔 9巻  はてなブックマークに追加

ゼロの使い魔 (9)
ゼロの使い魔 (9)
posted with amazlet on 06.09.23
ヤマグチ ノボル
メディアファクトリー (2006/09)


blogram投票ボタン
今回のお話は今までの中で一番良かった。
何ていうかサイトとルイズだけじゃなくて他のキャラがようけ出ていたしその話もなかなか面白かったです。

そして今回の話は何と言ってもアンリエッタですねw
マジ空回りそして幼児退行。
みてて痛々しいです。
まー確かにまだ17歳くらいという若さでいきなり国王になったんだからその重責があったんでしょうね。
そう思うとああいう空回りも納得できるかな。
でもあのような苦行から人間的に成長するもんだと思っていたので今回のヘタレっぷりにはがっかりかも。

そいでルイズ。
何ていうかこちらも痛々しい。
いつもならどんなになろうが凛とした態度でいると思ったんですけどね。
今回はそのような思いというかコンプレックスを周りに当り散らしているだけのようにみえました。
まーこれにはサイトがシュヴァリエになって自分との身分や関係が変わってしまったがためにいろいろと焦ったからですけどね。
今までは主人と使い魔、貴族と平民という関係で精神の安定を保っていたわけですね。
ですがこのたびサイトの地位が貴族クラスにアップしたがためにルイズがもっているサイトに対する自信がなくなってしまった。
というところかしらね。

とりあえず印象に残ったのはこの2点。
あとはタバサの境遇のせつなさに泣ける。
本当にマシーンのごとく任務をこなしていってるのがかなしい。
だけどあそこで任務に背いたときこれからどうなるのか。
気になるね。

最後にあとがきに吹いたwww
ノボル何してんだwwwww
つかそれで125万部かよwwww

今回の話は各キャラクターのターニングポイントとなる話がたくさんあったので今度の話がとてもたのしみになりました。
そしてそんなターニングポイントもとい壁をどのように越えていくのか葛藤していく様が読み応えをアップさせていました。
そんなです。
スポンサーサイト




コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/1010-6b1d1c40


ゼロの使い魔

『ゼロの使い魔』(ゼロのつかいま)は、MF文庫Jから発行されているヤマグチノボルのライトノベル。また、これを原作とする漫画、アニメ作品である。小説版のイラストは兎塚エイジ。小説版は125万部を突破した。
[2006/09/24 02:27] URL 気ニナルコトバ