FC2ブログ










ううううううううううう  はてなブックマークに追加

☆パルフェ
里伽子ルート。
まーこれはあくまでも恵麻シナリオの分岐として存在してるという感じなんでしょうね。
と、恵麻シナリオをクリアしてないのだけどそういうことを考えてみる。
で感想としては前作やってた方が楽しめるんだろうなと。

そんなでキャラは何だろうね真紅を思い出した。
何となくだけど。
どことなく澄ましているけど甘えるところがあるとことかね。

そんでシナリオはそういう性格だからこそ、という感じです。
また主人公の過去にふかーく関わっています。
その今求めた主人公、そして昔に求めた里伽子がねーかわいそうで。
という感じ。
これがノーマル。

んでトゥルーだと主人公がかっこいいのよw
何のゲームにしても何かのためにがんばる人間ほどかっこいいものはありません。
そういうことが感じられるシナリオです。

で、この里伽子のシナリオやるとねもう他のシナリオをやるのがつらくなる。
これは上に書いてあるかわいそう、につながることなんだけどそれはやってのお楽しみつーことで。
またこのシナリオの序盤ってひたすらに主人公がそのことに対して空回りしてたりする。
自分の所為じゃないけど自分の所為みたいな感じで。

あと思ったのは何ていうか他のシナリオと比べて違う印象があるなーと。
何かおぼろげな感じです。

恵麻シナリオ。
甘甘な展開からだんだんとずれ始めていくつー感じ。
そんでまーシアリアスな展開になるのだけどそこに他のキャラがいい味を出す。
そういうシアリアスな雰囲気を和らげる効果をだしているわけさ。
で、まーこちらも過去に関するシナリオなんだけど微妙に雰囲気が違うなーと。

それでこのシナリオと里伽子シナリオですよ。
先に里伽子シナリオをやってるとねラストの方の台詞でねぇ…
いろいろ考えさせらるわけさ。

そしておまけシナリオ的なもの。
これは全部本編前の話になるみたいですがこれがなかなか面白い。
みなの過去はどうなっとるんじゃ、というところをやっている。
まーそれでももうちょっとボリューム増やしてくれよと思わんでもないです。

満足感たっぷりな作品でした。
んでやったあと、というか各キャラクリアし終わったあとに毎度思うことがありました。
それは萌え要素がめちゃくちゃつめこめられているということ。
それでいてちゃんとまとまっているのよ。
こいつはすげー以外の何者でもありません。
シナリオの質は当然のように高いわけですがそれ以上にこの萌え要素詰め込んでまとめあげるところが本当にすごい。
だからキャラがめちゃくちゃ魅力的になるし話の幅も広がる、そしていろんな面を見せてくれるからダレることもない。
そんなでシナリオやってるときは面白いなーと普通に思うのだが終わったあとの驚きつーのは他とは違うなと。
シナリオがすごい、という前評判でやってみましたがそれ以上にそのキャラ作りに圧倒されました。

☆狼と香辛料 4巻
んー今までと本当に毛色が違うなー。
まー毎度毎度ああいうピンチが連発してもねぇw
また今まではどちらかといえば商人色が強い作品でしたが今回はtoヨイツ色が強くなってきたなーと。
過渡期つー感じで今までより地味だったなーという印象。
それでも面白かったんですけどね、だけど今までがとてもすばらしかっただけに…

☆バレンタイン
バレンタインということでジェラード屋でチョコを頼んだ。
wktkしながら待っているとおっさんが盛ってくれた。
にょろーん。

☆らき☆すた
おいおいカレンダーどこにも売ってないじゃないか。
まー今日はソレイユにしか行ってなかったのだがまさか無いとは…

○情報系
"マンガの帯つけかえて遊ぼうぜwwwww"日刊スレッドガイドさん)
やべぇwwwwコボちゃんやべぇwwww
とりあえず目の前にあるシンシア4巻の帯は割りと何でも使えそうですねー。

○競馬系
☆フェブラリーS
今から言っておく。
ビッググラスを◎にすると。
理由は勢いに乗っているエルコンだからということにしとくw
スポンサーサイト




blogram投票ボタン

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/1190-169cef37


神曲奏界ポリフォニカ

神曲奏界ポリフォニカです。榊一郎さん著、イラスト神無月昇さんです。ライトノベルとしては、最近出来たレーベルのGA文庫から発売されています。この作品は、元々キネティックノベルというゲームのようなソフトで、ダウンロード販売されているものが起源です。現状では、
[2007/02/15 21:06] URL ライトノベルの感想日記

シャナ

灼眼のシャナです。高橋弥七郎さん著、イラストはいとうのいぢさんです。このシリーズも、アニメ化したり映画になったり、結構人気シリーズになってます。しかも、今月(2007年2月ね。)14巻が出ます!すっごい長編になってきてますねぇ。この作品で一番気に入っているの
[2007/02/15 21:35] URL ライトノベルの感想日記

-

管理人の承認後に表示されます
[2008/04/11 19:00] URL

-

管理人の承認後に表示されます
[2008/09/03 08:47] URL

-

管理人の承認後に表示されます
[2008/09/29 08:07] URL