FC2ブログ










ほのかLv.アップ! 2  はてなブックマークに追加

ほのかLv.アップ! 2 (2)
ほのかLv.アップ! 2 (2)
posted with amazlet on 07.02.28
MATSUDA98 太田 顕善
メディアワークス (2007/02/27)
売り上げランキング: 464

裏表紙でわかるとおりほのか試練の巻。

blogram投票ボタン
いやー今回も面白かった。
というよりも1巻よりはるかに面白くなっていました。
こういうサクセスストーリーにお約束な挫折からの立ち直りこの出来がとてもすばらしかったです。
一応そういう流れは1巻でもありましたが今回はまた違うわけだ。

前回はほのかがゲーム業界を中心としたオタク産業を知るというのがメインだったと思います。
その延長線上で絵を描く、キャラクターを考えるというものがありました。
そういうまだプロジェクトが本格始動する前ということで雰囲気もとても穏やかで周りがほのかに対して全力でバックアップしているのが明確にわかる話でした。
また前回はほのかと結花、おじさんがメインキャラであったような感じでした。
まーこのほのか以外の2人はほのかに「この業界を内から外から教える役目」ということで目立っていたわけですがね。

さて2巻。
冒頭から本格的にゲームつくりのプロジェクトが始動したという雰囲気です。
ここからゲームを作ること、に関しての話がメインになります。当たり前だけどw
んで1巻では大して名前も出てこなかったというか名前すら知らなかったキャラが表に出てきます。
そして彼ら技術者がメインとして話に絡んできます。
またここでほのかに対して影響力を与えたのはアウトソーシングとして作品に関わっている人たち。
彼らがほのかに対して問題提起をしほのかが成長していくというのが本筋ですね。
こういうのは1巻のときもありましたが今回は本当に製品を作っているということも関連してほのかに対してきつい問題が降りかかってきます。
第一は今まで順調に来ていたことに対して初めての躓き、もうひとつはほのかの性格に起因すること。
そこで気づく周りに対しての自分という存在。
そしてこれらの問題は1巻とは違って周りが積極的に解決に導いていくのではない(一応人の手を借りて問題解決はするけど)
んでそういう性質が出まくった後者の問題での葛藤やそこから解決へのプロセスがとてもいいしこれが今回の見所です。
さすが結花ナビィですw
あと読んでて思ったのは競争という言葉ですかね。

で今まで名前が出てこなかった同じ会社の方々。
今回は名前が出てきますよ。
那須さんがきますよw
ある意味1巻のころから待ち望んでいたことでしたよw
また上記の那須さんと同じく仲間たちが何をしているのかということがいっぱい出てきます。
1巻では主にグラフィックチームしか出ていませんでしたが今回は違う分野の人たちが出てきますよ。

さてこの作品のいいところは何といってもキャラがたっていること。
割りと真剣な雰囲気の中でもそのキャラの特徴を活かしたコミカルなコマが多々あり読んでいて和まされます。
本当にキャラの設定がしっかりしているしそれを上手く使っています。

んで1巻で1冊通して活躍してた結花や茜ですがやっぱりほのかに影響を与えているんだよね。
その少ない登場回数の中でインパクトを残しているしほのかに大して有益なことを示してくれている。
この2人以外のキャラも今回積極的に問題解決に動いているわけではないけど影ながらほのかを支えているんだよね。
こういうところにこの作品特有の暖かさがある。
やっぱりいい作品ですよ。

ほんわかした雰囲気ですが締めるとこは締めていますし作品としてもとても面白い作品です。
どちらかといえばゆるい1巻とそこからシビアな雰囲気になっていく2巻。
どちらも面白いです。
超お勧め。
スポンサーサイト




コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/1208-3897d24b