FC2ブログ










ことゆいジャグリング  はてなブックマークに追加

ことゆいジャグリング
岬下部 せすな
芳文社 (2007/04)
売り上げランキング: 499

ツンデレ+岬下部 せすな

blogram投票ボタン
この作品を言い表すなら上記で十分ですね。
本当にそうだものw
だけどこう書くとそんなに面白そうに思えませんけど超面白い。
ぶっちゃげこの作者さんの最高傑作だと思う。
それくらい完成度が高いわけだ。

皆さんはツンデレの魅力を引き出すためには相手にどのようなキャラクターを求めますか?
よくあるのは相手もツンデレ気質というものがありますね。
ハルヒのキョンがそういうタイプだといえます。
またツンデレキャラの発言の揚げ足を取るようなキャラとかいますね。
ですがこの作品での相手は「やさしい」キャラです。
この作者さんの作品だと絶対いるようなキャラです。
正直そういうのでツンデレの魅力を引き出せるのかと思ったのですがこれがまたいいわけだよw

そのやさしいキャラこと小鳥。
彼女がツンデレである唯にいろいろと気を使うわけです。
それは唯にとって願ってもみないものだったりするのですが素直になれない彼女は…
というのが大体の流れ。
ぶっちゃげどうかと思うでしょ?
だがこれがいいw

さてこの作品の主人公はツンデレな唯なのですが(多分ね)
その唯の日常つーのが結構クスリとさせてくれる。
何ていうか周りに対する不器用さが極まれりという感じで。
その徹底ぶりがまたかわいいのよ。
そういう唯のリアクションというかアクションを楽しむのも良い。

でこの作品にはもう1人ツンデレキャラがいましてそれがひるね。
彼女の存在がこの作品をさらに面白くしている。
ひるねは対象にあまり構ってもらえてないツンデレキャラという感じ。
いや全く構ってもらってないというわけじゃないのですが唯と比べると…
こういう2種類のツンデレキャラの2種類の反応が楽しめます。
んでこのひるねは唯と比べると精神的に幼さが残るキャラつーのもこの対比を面白くしています。
ことあるごとにひるねが唯に吹っかけていくということで話の流れが産まれるからですね。
またひるねの行動もかわいくて仕方が無いw

という感じで唯と小鳥のコンビだけでも結構楽しいのですがそこにひるねという要素が加わってさらに面白さがアップしているわけだ。
もう終始ニヤニヤしっぱなしですよ。
岬下部作品好きな人だと磐石の作品。
初めて手にする人でもドンと来いつー作品。
個人的には今年読んだ作品で一番だ(これで何回目だ?w)
スポンサーサイト




コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/1287-14361113