FC2ブログ










“文学少女”と穢名の天使  はてなブックマークに追加

“文学少女”と穢名の天使
野村 美月 竹岡 美穂
エンターブレイン (2007/04/28)
売り上げランキング: 220

パンツから始まる出会い。

blogram投票ボタン
いきなりだけどこれを読んだら次の巻を早く読みたいと思わされた。
もう本当にそれが最大の感想。

今回はななせの友達に起こった出来事がメインのお話。
それを通して心葉とななせが段々と…という流れ。
また今回は遠子先輩の出番が少ないのですがやっぱり美味しいところは全部もっていくのよね。
でも不思議と悪い気はしないのがなかなか。

んでその物語の本筋以上にななせ最高。
ツンデレわっしょい。
夕歌とのメールで徐々に明かされる心情…
そして今まで謎だった心葉との出会いというのが明かされたのですが何というか…
最高ですw
ここら辺は実際に読んで悶え苦しむべきだw

でこの作品って人の内面が結構えぐいというか重いというかそういう感じなのよね。
ライトノベルにしてはあるまじき~というくらいでw
まーこれは性善説で動いている心葉に対することもあるのでしょうけど結構ショッキングだよね。

そのえぐさというのが心葉に対するものが結構目立ってたなと。
今回心葉と対になるというかそういうタイプのキャラが登場して少なからずこの出来事が心葉に何らかの影響を与えていたりします。
これは次回以降の彼の成長に期待するとしましょうw
あと1巻から比べていくらからヘタレじゃなくなったよねぇw
物語の後半であったななせに対して「本当のことを知りたいか」と聞いたところにそれを感じました。

そんな感じで本筋の流れがどことなく心葉にとってデジャブを覚えるような話。
それは心葉に希望を与えるものだったり絶望を与えるものだったり…
と終始心葉乱され捲くりな感じ。

さてラストですよ。
美羽様が動き始めてるじゃないですかw
しかもそれに対してななせが応戦し始めてるじゃないですか。
これが次回起こるのですよ。
これが楽しみじゃないわけが無いw

やっぱり今回のななせといい感じだぜ、ということを芥川が美羽に逐一伝えていたのかな。
そういうことを考えるとまた面白いよね。

他に感想を載せているサイトさん
48億の個人的な妄想さん
たこの感想文さん
Alles ist im Wandelさん
スポンサーサイト




コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/1294-1f015bca


文学少女と穢名の天使

“文学少女”と穢名の天使(アンジュ)posted with 簡単リンクくん at 2007. 5. 4野村 美月著エンターブレイン (2007.5)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 相変わらず結構ねちっこいドロドロ愛憎劇が事件の裏にある文学少女シリーズ。 し
[2007/05/05 02:05] URL Alles ist im Wandel

「“文学少女”と穢名の天使(アンジュ)」 野村美月

天野は、井上のことをどう思って
[2007/05/05 07:40] URL 48億の個人的な妄想