FC2ブログ










咽痛いけど明日飲み会だ  はてなブックマークに追加

☆牛乳
最近になって牛乳をようけ飲むようになりました。
理由や目的意識があるわけでなくただ単においしいからw
まーいろいろと飲んでるけど低脂肪乳はおいしくないねw
何かすっぱい感じで。

☆箸
最近箸の持ち方が気になって仕方がない。
ぶっちゃげてしまえばちゃんと持ててないんだよね。
んでどう握っているのかと言えば鉛筆の持ち方だったり。
一応これには理由があって私の右手の薬指が小学校のときの怪我であまり動かなかったりするのだ。
だから上手いこと扱えない。
ちなみに左手だとちゃんとした持ち方はできるんだよね。
その左右の手の差を考えるとやっぱり薬指というところが重要になってくるのだよ。
んー普段そこまで意識してない薬指だけど結構重要な役割を担ってるのかもしれんね。

☆声優のアレ
来週の昌鹿野が楽しみになりますね。
それで私としてはイメージ商売でこんなことになっちまったのは大打撃だよなとしか思わんです。
だって広島じゃアニメそんなに放送されてないしwwww
だから大して思いいれないわけさwwww

でゆりしーの件だが彼女はやることなすこと失敗しているという印象が強いですよね。
そんで今回のあの行動、というか事務所を代えたという行為が珍しくGJ的な結果になったのが大きいのではないかと。
あと真っ先に例の件を匂わすことを書いたこともそうじゃないかなと。

にしても的外れなレスって結構笑えるものなんだねぇw

☆カンヌ
でグランプリ受賞した河瀬さん。
んで彼女を知る人物として出てきた方の肩書きがヴィジュアルアーツ専門学校…
まさか…

☆買い物
Apple iPod 30GB ブラック MA446J/A
ことはの王子様 2 (2)
雅さんちの戦闘事情 1 (1)
買っちゃった。
iPod買っちゃった。
nano8GBと悩んだのだけどやっぱり容量を考えたらねw
それでiPod買うときにびっくりしたのだけどアダプターって別売りなのね。
つかiPodってUSBで充電すんのね、お兄さんびっくりだ。
んで一番安いやつを見繕ってもらった。
それでお会計31k程度。
本は事前に買う予定のものを購入。

☆らき
鏡の中の話だから利き腕が逆になるよという話がよくでますね。
だったら性別も逆になるのではないか?
そういうことを思ったのはキャラの名前が特徴的だというところから
例で挙げるならつかさとかゆたかですね。
ぶっちゃげ男の方がイメージしやすい名前だしこういうのもありじゃね?
と思った。
だけどそれだとあれだなそうじろうという名前の女子はないわwwww

○情報系
今からジャミラの部屋にスネークしてくる。
ハムスター速報 2ろぐさん)
______
|←妹家|
. ̄.|| ̄     オワタ┗(^o^ )┓三
  ||           ┏┗   三
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

プロレスって八百長なのかマジなのか教えてくれ       
【2ch】ニュー速クオリティさん)
WWE人気だなぁw
プロレスの面白いところって体格差あるもの同士がやったりするところだと思うのだよ。
ミステリオがテクニカルな技で自分より大きな相手を翻弄していく様とか本当に面白いわけで。
ビッグッショーが規格外のパワーを発揮してごついやつらを叩き落すのも面白いんだよ。
そういう組み合わせの多彩さというものは他の格闘技にはないじゃない。
そこら辺のバラエティ豊かさというものがプロレスの強みだと思うよ。
…うん、八百長関係ねぇw

らき☆すた「もってけ!セーラーふく」 6.6万枚でオリコンウィークリー初登場2位 KOTOKO「ハヤテのごとく!」は7位に
日刊スレッドガイドさん)
うわwあと2000枚でまさみさんが大暴れだったのかw
スポンサーサイト




blogram投票ボタン

逆行

フラッシュメモリ主流のこのご時世にHDDに逆行するsyouさんに男をみました。
[2007/05/30 08:20] masadaby@hotmaile.co.jp まさみ [ 編集 ]

フラッシュメモリはまだ高いですからねぇ…
あと個人的にイヤホン端子がケツの方にあるのが嫌だったりするんですよw
やっぱ頭から行かないとねとw
[2007/05/31 22:12] syou [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/1327-aa63953a


ハヤテのごとく

ハヤテのごとくの小説のことについてお話し・・・ネタバレギリギリのところまで・・・
[2007/05/30 01:14] URL ハヤテのごとく