FC2ブログ










S線上のテナ 1  はてなブックマークに追加

S線上のテナ 1 (1) (まんがタイムKRコミックス)
岬下部 せすな
芳文社 (2007/08/27)

この作者ネタの引き出し多すぎだろw

blogram投票ボタン
きららの本だけど4コマじゃないです。
意外。
というか本のサイズが普通のコミックスと同じなんだよw
こっちにびっくりw

さてこの本は設定が面白いんですね。
この世のあらゆるものに「命の譜面」があるというのが前提。
んで主人公の恭介が事故にあってそれが見える、聞こえるようになった。
そこにその譜面を調律するテナが登場していろいろあってテナと恭介が一緒に行動すると言う流れ。
…調律するつーか悪い譜面を回収するんだよね、それでその駒として恭介と組むという話。

んでこの譜面の設定がなかなか面白い。
世の中の変なこと、例えば人形の髪が伸びるとかイナゴの大量発生はそういう調律の乱れから来ると。
面白いっしょw
それで何故そういう譜面を回収するのかと言うとその悪い音符が流出しちゃったからということ。

これが基本なのだけど話はテナと恭介、その他のドタバタな日常がメインw
いやー良いよテナはw
ある意味ツンデレのテンプレ通りなのだけどその気高さはなかなかグッド。
ツンが強めということも最近少ないキャラですし良いキャラです。

そんで主人公の恭介がまた良い男なんだよw
へたれてないw
しかも芯もあるし他人も思いやれる、まさに岬下部スタンダードw

他のキャラも魅力的でやっぱりこの作者さんの特徴である「嫌なキャラがいない」という感じです。
一応ライバルキャラもいますけど切磋琢磨しつつ相手を認めているという関係ですね。
うん胃が痛くならないw

んで個人的に来てるのは音楽教室に通う三人組w
良いぜあれはw

とりあえず物語の本筋が動き始めるのは次だろうし今回はテナのツンデレっぷりに悶絶しましょうぜw
スポンサーサイト




コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/1450-10cfd7dc