FC2ブログ










とある科学の超電磁砲 1 とある魔術の禁書目録(インデックス) 1  はてなブックマークに追加

とある科学の超電磁砲 1 (1) (電撃コミックス)
鎌池 和馬 冬川 基
メディアワークス (2007/11/10)

とある魔術の禁書目録(インデックス) 1 (ガンガンコミックス)
鎌池 和馬 近木野 中哉
スクウェア・エニックス (2007/11/10)

プロローグと始まり。

blogram投票ボタン
読む順番はビリビリ→インデックスを推奨。
んで2回目は逆で。
そうすることによって2冊のちょっとした関連性もみえてくるしね。

まずは超電磁砲。
話は原作よりちょっと前からでいいのかな。
動いている美琴はかわいいなぁ。
あと黒子と初春の存在感は異常。

もう美琴はかわいすぎだろ。
あのツンツンと少女趣味というかかわいいものをみつけたときのギャップは最高だろ。
そして初春の額こっつんや佐天との食べさせ合いとかの無防備さ。
あと幻想御手のときとかさw
だけど最高に輝いているのは当麻と対峙しているときだよな。

内容。
最初の頃の美琴や風紀委員の話からある事件からの幻想御手へのつなげ方とか神。
つなげ方というか風紀委員と関係のない美琴が段々とその事件に関わっていく様がすばらしかったです。
んで上記のような美琴をはじめとしたキャラの魅力をぶちこんでいるしね。
そしてラスト…何と言う死亡フラグ。
あー気になるね。

次は禁書目録。
小萌先生が動いていてかわいいわw

さて内容。
原作読んでいる人間なのでまー内容はわかっている。
だけど実際漫画として絵で見るとまた新たな発見があります。
特に情景描写とか、インデックスの服がどうなっているのかとかw
そういうビジュアル面での発見が良かったです。

あとはやっぱり丁寧につくられていました。
ですけど場面によって話の進み方に変化がありましたね。
スティルとの戦いが特に進みが速かったように思えた。
まー長くダラダラとやられてもダルいだけだけどね。
そんでそのあとのインデックス救出劇というべきか能力を見せるシーンはなかなか密度が濃かったかと。
…特に小萌先生の家の描写とかさw
で超電磁砲とリンクしている場面があってちょっとした楽しさもあったしさ。

かねがね満足の内容。
特に原作のコミカルな面が表に出ていてね。
ここからどうシアリアスに、ラストのあの熱いところに突入するのか。
楽しみは尽きません。
スポンサーサイト




蝶電磁砲

禁書目録と超電磁砲は完全リンクしてますからね~(´ω`)
(話的には出てこないですが)

両方とも連載当初から読んでてやっと出たかって感じです。月ガンで超電磁砲宣伝したりするくらい力入ってますよ。
[2007/11/12 22:01] まさみ [ 編集 ]

読んでて会話の中のちょっとしたところに潜んでますよね。

そういや雑誌買って読んでいたとブログにも書いてましたよね。
あとそこまで宣伝されていたとは知らなかったです。

[2007/11/13 21:38] syou [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/1553-67e5397e