FC2ブログ










灼眼のシャナII 第13話 「収束、そして兆し」  はてなブックマークに追加

レイニー止めならぬ文化祭止め。

のっけから大惨事。
のっけからへたれなヴィルヘルミナ。
つかお前ら呆然とせずに封絶はれよw

フィレスと悠二が邂逅イン竜巻。
だから封絶をw

んでフィレスはやっぱりヨーハンしかみえていないわけです。
そんで悠二から炎ドーン。
マージョリーにやにや。

そんな暴走マージョリーを止めるのはヴィルヘルミナ。
そうやって相手してもらっている間にシャナは悠二を助けに竜巻へ。
そしたらフィレスが悠二の胸に手を突っ込もうとしているところ。
デジャブを覚えるところですね、いつぞやのシュドナイのときみたいな感じです。
でシャナのパンツ。

さてここからシャナとフィレスの対決。
映像化されてみるあの肩のやつはちょっち笑える。
それでシャナがレバーに一発もらってグハっと言っているシーンで不覚にもヘンな感情が芽生えたw
そういやティリエルもやられたとき変な声出してたよね、もっとやれ。

その願いが通じたのか知らないけどフィレスのターン開始。
そして佐藤と田中が復活、ああ起きなくていいのにっ…
ここからは惨状のシーン。
何かあれだな戦争モノのアニメみている印象だ。

普通の人間3人組も復活して現状を理解しようと努力する。
原作でのここら辺のやりとりは微かに覚えているのだけどどっか違う気がする。
それで佐藤の鋭い読みというか予想も発揮。
だけどそれはあまりにも嫌なもので…

それにしてもアニメ2期では佐藤のモノローグつーのが増えたのう。
まーそうじゃないと先々突発的にああいう決断しても違和感しか残らないだろうしね。
このあたりgj

で田中はみてしまう、緒方がやられるところを。
ある意味今回最大のポイントだろうね、このあたり。

そんで争いは再度非日常サイドへ。
シャナとヴィルヘルミナのコンビネーションで2人を拘束。

マージョリーを諭すシーン。
佐藤が論理だてて田中は情に訴える。
そして段々と自我を取り戻す。

これで半分か。
長いな。

旧知の仲であるヴィルヘルミナとフィレス。
だからこそへたれるんだよなー。
そんで甘い。

そんなで戻ってくる日常。
だけど潜む非日常。
そして最後のヘカテー(似)の気になるところ。

次回はさらにどんでん返しだw

他に感想を載せているサイトさん
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人さん
スポンサーサイト




blogram投票ボタン

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/1635-38cb0e25


(アニメ感想) 灼眼のシャナII 第13話 「収束、そして兆し」

灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】 それは、清秋祭初日。校庭の特設ステージで、1年を中心とした仮装パレードの優勝者が発表された直後だった。突如ステージ上に竜巻が出現。悠二がその中心に捕らえられてしまう。 琥珀色をまとう風…。だが、その中心から新たな
[2008/01/17 12:18] URL ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人