FC2ブログ










今日がラストです  はてなブックマークに追加

☆FA
TRUEルート。
どうやって入るのかイマイチわからんかったけど…なるほどね。

そんなで学院に吸血鬼騒動が巻き起こる。
その真相を暴くため生徒会が動き出した。
そして風紀委員も。
…ということなんで誰かさんに瑛里華が吸血鬼だということがばれた。

おお何と言うゾクゾク感。
今まで日常まったりな話が多かっただけにこの非日常感は良い。

そんで新しい問題も出てきてしまうわけです。
ここでの孝平の提案つーのは一見良さそうに見えるけど生徒会や吸血鬼にとっては良い選択ではない。
だけど瑛里華はちょっとした葛藤に襲われる。
それで新たな選択肢を得る。
さすが行動力のある主人公だ。

そこでの結論と明かされる意外な接点。
あーここで他ヒロインのルートでは語られなかった謎なんかが判明していく。
へぇー。
個別シナリオで語ればよかったのにw

だけどあくまでもこれは瑛里華のシナリオだし全てにおいて瑛里華(たち)が絡んでいるからこういう方がいいのかな。
今回の件だって他シナリオではなかったきっかけがあったわけだし。

そんなでいろんな人とフラグをたてていく。
主に吸血鬼方面で。
確かにこれは真ルートなんだな。

桐葉とも仲間になって物語の全貌というか相手もおぼろげながらみえてきている。
今まで出し惜しみしていたのに今回はすごいペースで来るなぁw
そんなで吸血鬼や瑛里華に関する話なんかがいろいろと判明する。
そりゃもう終盤かってくらいに。
つか瑛里華ルートのラスト近辺の話題も早々出てきているしね。

そんなで伽耶(変換で出てくる!)登場。
イメージはロリババァ。
まずは挨拶代わりにとある人を襲わせてみたり。
おお、悪役だ。

そんなでシアリアス要素がドバドバ出てきている真ルート。
このドキドキ感がたまりませんね。
話が進めば新たな謎も出てくる。

桐葉と主の再会を経てまた新たな情報がもたらされる。
これは桐葉のことでもありますけど伽耶の意外な面も垣間見える。
ただの悪役でなく何かあるのではないかというイメージを抱いた。

そして桐葉の口から開かされる在りし日の、というか昔の伽耶。
それは吸血鬼そのものの存在にも関わりそうなことで…
情報が出れば出るほど新たな疑問が出てくる、そんな話。

また眷属からの視点つーのは眷属をもつことに否定的な瑛里華にとって衝撃的なものだったりね。
つかこの辺りの判明しているネタって殆ど瑛里華にとって驚いていしまう話ばかりだよね。

そんなでみんながそれぞれ行動しているのだけどここでanother viewが良い味を出している。
主人公が知らないところで行われていること。
そのキャラが感じ行動しているので何故そういう行動をしているのかということが分かるからいいね。
そして結論を得る。

毎度書いているけれども本当に行動力のある主人公だ。
真実を知るためなら命を賭けたギャンブルだって辞さない。
かっこいいね。

そういや気づけば吸血鬼とは何ぞやということがテーマになってきた。
そして彼らはある結論へ行き着く。
伽耶のあの行動ってもしかして…

んで伽耶のところへ行く途中に征一郎に関する衝撃の事実が。
そして伊織の考えがこの場で判明する。

そんなで解決。
呪縛から解けた伽耶。
人外ロリのデレはさすがだな>オーガスト

終了。
trueということで食べ応えのある話でした。
満足。

しかし他の個別シナリオのことを考えるとこの作品がすばらしかったとは言い切れない。
何ていうかバランスがね。

オーガストとしては前作のような1つの軸となるシナリオがメインで他がおまけというスタンスなんだろうね。
前作では個別シナリオも結構やり応えがありましたが今作ではそうでもなかった。
非常にあっさりしていた。

その辺りはよく書いているけれども主人公の行動力がありすぎて簡単に解決しちゃうんだよね。
だからすんなりと山場を越えてしまう。
そして個別シナリオはそこまでのボリュームがない。

個人的には個別シナリオの中に掘り下げて欲しい話というのがいくつかあった。
そしてそれがtrueで語られるのだろうと思っていた。
だけどそうでもなかった。
それなら個別で掘り下げてくれよと。

画面のエフェクトはすばらしかったです。
特に立ち絵を動かす、じゃなくて立ち絵を装飾するというのはあまりなかったので新鮮だった。

キャラはさすがこのメーカーという感じです。
しかしかなでの声が鼻についた。
これは個人的な印象だからまーどうでもいいやw

以前にも書きましたがキャラがテンプレ通りではないのが好感。
少しずらしているプラスそれを生かすテキストが本当に良かった。
そういうことを重視するなら陽菜シナリオは秀逸。
個別シナリオの中で一番面白かったと思う。

☆アニメ(2月10日版)
・俗・絶望先生
さすがシャフトという感じのネタの応酬。

・みなみけ おかわり
どうしたらメガネがいなくなりますか?
スポンサーサイト




blogram投票ボタン

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/1670-980d9c23