FC2ブログ










今日から広島で新作アニメがはじまるらしいよ  はてなブックマークに追加

☆ウイポ
スキャダミポリ産駒に稼がせる、という使命があるので自然と最優秀馬主ゲット。
んでダート部門は上位独占ですよ。
あと2歳牡牝、3歳牡牝もゲット。

そんなで3種牡馬(昨日ポリッシュプレジデントと書いたけどポリッシュパトリオットの間違い)を系統確立を目指しているわけだ。
しかしダミスター引退wwwww
/(^o^)\ナンテコッタイ
そしてそんなときに限ってダミスターでスピ80登場wwww

そういうわけでスキャン系確立に尽力しようと思う。
だからサンデー牝馬やらを増やしていかないとね。

☆買い物
してたら講義に遅れた\(^o^)/
THE IDOLM@STER MASTER LIVE 02 REM@STER-B
あと同人誌2冊。
読んでみたら両方ともシアリアスな内容でした。

そんなでCDですけどこれはなかなかのヒット。
Aはゆるい感じしていましたがこちらは切れ味のあるアレンジ。
そしてラストのドラマパートも1以上に好きだなw
「「雪歩は黙ってて」」
クソワロスwwwww

○競馬系
やよいを変換すると弥よいと別々に変換しようとするうちのノート。
誰か助けて。

☆皐月賞での弥生賞の取捨について
・前走弥生賞の馬の成績(過去5年)
1-1-3-18
近年のスタンダードはスプリングS

・父
サンデーサイレンス1-0-1-2
ザグレブ0-1-0-0
タイキシャトル0-0-1-2
ミシエロ0-0-1-0
・母父
アルザオ1-0-0-0
トウショウボーイ0-1-0-0
カーリアン0-0-1-1
ストームキャット0-0-1-0
マニラ0-0-1-0
サンプル数がすっげー少ないのでこんな数字。
ですけどノーザンダンサーが目立つ。
そして来た馬みんなノーザンダンサー持ち。

・弥生賞での脚質
逃げ0-0-1-1
先行0-1-2-4
差し0-0-0-9
後方0-0-0-4
マク1-0-0-0
こんな風に前にいける馬じゃないと厳しい模様。

・その他
パッとみてみると「今まで重賞を勝ったことある馬が弥生賞を勝ったら有力」のようにみえる。
数少ない好走馬のうちディープインパクトを除く馬が該当。
ディープの場合はここが初重賞だったしね。
そういうわけで「既重賞馬の弥生賞ステップにおける皐月賞成績なんぞみてみよう」

・全体
0-1-3-8
凡走馬も目立ちますね。

・2000mの重賞で勝利
0-1-1-3
負けたのはザッツとサクラメガワンダーとフォーカルポイントの3頭。
前2頭にはラジたん組で弥生賞凡走の共通点。
フォーカルポイントも弥生賞凡走。

・1800mの重賞で勝利
0-0-0-1
該当はアドマイヤムーンのみ。
後方待機の脚質が原因か?

・1600mの重賞で勝利
0-0-2-4
負けたのはアドマイヤオーラ、マイネルレコルト、グレートジャーニー、ドリームジャーニー。
マイネルレコルトを除く3頭は後方から競馬をするタイプですね。


・今まで重賞勝っていて且つ弥生賞で連対した馬
0-1-3-2
これでグッと絞りやすくなってきた。
飛んだのはアドマイヤオーラとムーン。
両方とも武騎手騎乗ですね。
しかも後方待機馬。
お、今年にもそういう馬がいますねw

・結論
基本的に前で競馬できる馬。
弥生賞連対した馬。
ノーザンダンサー持っている馬。

・注目馬
マイネルチャールズ
連対した馬となると自然にこうなるよねw
上でブラックシェルは微妙と書いているだけに。
そんなマイネルチャールズですけど前走番手抜け出しというのがよかった。
こういう自在性のある馬は魅力的です。
一見持ってなさそうなNDですけど母父ザビールの母父がヌレイエフだからセーフということでw

あとデータから外れるけどタケミカヅチが面白いなーと思ったけど騎手見てどうしようか迷うw
見ての通り5年分のデータなんで信憑性は微妙かもしれんけど許してください。
だってキングヘイローとか弥生賞3着から連対したしさw
タイガーカフェもそうだね。
まー広げても3着までということでw

明日はスプリングSを調べてみたい。

◆企画・種牡馬募集◆
(2ちゃんねるで馬名公募した馬をマターリ応援するブログさん)
種牡馬企画の最終候補が決定。
ここから決選投票になるわけだが短距離馬多い。

○情報系
入ったことのない有名チェーン店舗
(カナ速さん)
ガストとかああいうファミレス系にはあんまし行ったこと無いです。

オタクのリュックの中には何が入ってるの?
(ぬる速さん)
すごく前のレシートとかが底に。


個性より属性で選ばれるキャスティングに対する違和感

(ForExample...さん)
作り手も買い手も共にイメージしやすさを求めているのではないかなと思ったり。
作り手としては注文しやすいしね。
買い手にとっては既存のイメージからキャラの想像をして購買意欲に繋がったり。
もちろんそれを覆したキャストもあるでしょうけどそれを声優さんが出来るのか出来ないのかもわからない、買い手にも想像できない(ハルヒに決まったときのときの平野綾の評価とか)
ちょっとした冒険になるのが怖いのでしょう。
スポンサーサイト




blogram投票ボタン

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/1760-53ae5794