FC2ブログ










狂乱家族日記 第8話 やさしい死神の作り方  はてなブックマークに追加

8話。
にゃう~ん。
物語も佳境に入ってまいりました。
今回は凰火メインというか凶華メインというかそれの導入のお話。
その分他の家族の面々の出番は少なめ(だけど存在感はあったな)

凰火の過去に関係する死神さん。
これまでの回想でもちょこっと出てきていましたね。
そんな感じで凰火と死神さんがデートしてんじゃね、ということで家族の面々が慌てふためくお話。
ある意味病んでる人で極端な思考をしてるよね。
それにしても森永理科は俺の琴線にビシバシ触れるキャラをやるよなぁw

そいで前半は凶華が凰火たちのデート(といっておく)を邪魔して死神さんがブチ切れるという感じで進む。
ここいらで凶華は凶華なりに凰火のことが気に入っているんだなとか凰火も凰火でこの計画に愛おしさを覚えていることが伺える。
こういうちょっとしたエピソードというか言動が良いよね。
その凰火の考えが段々と表に出てくるさまなんて流れが上手すぎる。

後半凶華と死神と凰火のデート。
そこで何やら罠が仕掛けてある場所。
そして凶華の過去を知る人物が死神さんを操って凶華を殺そうとする。
ここで判明する凶華の秘密。
つか凶華って記憶喪失だったの、初めて知ったw

まさに終わりに近づく序章という話でした。
今までも話の流れ方が上手いと思っていましたが今回はちょっと駆け足だったように思えます。
特に後半はあの戦争博物館的なところでもうちょいデート的な流れがあると思っていただけにねw
まーその辺りは個人の嗜好だよねぇ。
スポンサーサイト




blogram投票ボタン

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/1844-d945e5ba