FC2ブログ










乃木坂春香の秘密 8  はてなブックマークに追加

乃木坂春香の秘密 8 (8) (電撃文庫 い 8-14)
五十嵐 雄策
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 18

フラグを立てること当麻の如し。

blogram投票ボタン
そういう感じです。
お前禁書の当麻だろと言いたくなるほどにそういうところが目立つ。

そいで今回の構成は久々のオムニバス。
それぞれ独立した4章構成。
やっぱりこういうさっぱりとまとまっている話でこそという作品です。
また比喩表現をはじめとしたモノローグの感じが微妙に変わっています。
比喩表現で言えば今まで海洋生物のオンパレードだったのがそうでもなくなってきた。
んでモノローグでは口語的表現が多く今までよかテンポ良く仕上がっています。
それでは各章の感想を。

・第1章(二十九話)
ある種今回メインの話でエピローグに続く話。
裕人と春香の遊園地デート回。
二人できゃっきゃうふふとデートするわけでお約束のように春香は遊園地に来たことなし。
また昼食イベントではまたお約束のようにハンバーガーってどう食べたらいいんだろうイベントもあり。
それで最終的には観覧車でのドキドキイベントとある種テンプレート通りの話です、いかにもこの作品というところ。

さてこれだけじゃ終わらないのが今回。
作者スレで非難轟々だった春香芸能界デビューすんじゃね?ということがある種現実的に。
作者さんには悪いけど私も芸能界デビューしちまったら嫌だなと思っております。
まずは茅原さんのキャラ自体あまり好きではないしそういう話になれば沈んだ雰囲気の話になりそうかもねという危惧。

・第2章(三十話)
天王寺家でちょっとばかし執事をやった縁でメイド×執事親睦会(略)に誘われた裕人。
そこでのお話。

ここでは今まで出てこなかった乃木坂家メイド隊の序列が全部判明。
4,9,10位の人が登場、ちゃんと絵もあるぞ。
そして2位の秘密も…

ここでは裕人がアリスとフラグをたてる話。
そして久々に誰かを守るという裕人が見られます。
1,3巻であってそれ以来かしら。

んで何だかんだいって裕人も変わってきているんだなと。
今までヘタれだと思ってきましたが熱いハートがあるじゃないかと。
久々に手に力が入る感じ。

・第3章(三十一話)
年下キラー裕人。
美夏の学校でハッスルする話。
又の名を美夏って学校でこういう感じなんだね、という話。

女子校での周りのリアクションをみていると初期のこの作品を思い出します。
ああいう風にひそひそ言われていたよなと。
そういえば第1章でもそういうシーンがあったなー。

ここでは第三者では強い美夏が当事者になったらいじられまくるというのを楽しむ話です。
以前にもそういうところがありましたが彼女は不測の事態に陥ると弱い。
耳年増であるからこそ色々と想像してがちがちになるのかなとか考えてニヤニヤ。

・第4章(三十二話)
イカとタコが発端となる椎菜故障ストーリー。
ていうかそこまでタコが嫌か椎菜w

前回の温泉旅行での一件以降ギクシャクしている椎菜。
何やら裕人に用があるらしいが…
放課後裕人がある店に立ち寄ろうとしたところを椎菜が見かけて…捻挫。

翌日捻挫した椎菜を見舞う面々。
そこで明かされる椎菜が裕人に伝えたかったものとは?

この作品の特徴として大人キャラが結構良いよねというのもあります。
今回ちょっぴり出てくる椎菜父もその例に違わずいいキャラ。

さて裕人と春香のラブコメストーリーという体裁を取っていますが積極性を考えた場合椎菜の方がリードしているようなもんだよなぁw
まーそういうこともあって話としてみたとき面白い、楽しいと思うのは椎菜の方なんですよね。
裕人の態度ももう少し砕けているしいい関係だ。

あと何故捻挫するほどテンぱったのかということも書かれています。
正直ねーよw

そんなで次回はある種山場を迎えるわけだがどうなるんだろうね。
不安しか浮かばないw
スポンサーサイト




コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/1890-f325cdb1