スポンサーサイト  はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

森口織人の陰陽道  はてなブックマークに追加

森口織人の陰陽道 (電撃文庫 お 7-12)
おかゆ まさき
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 2931

おかゆイズム。

blogram投票ボタン
ドクロちゃんが終わってから10ヶ月か。
どのような作品に仕上がっているのでしょうか?

とりあえずドクロちゃん程のインパクトは無いけれども独特の表現方法は健在。
特にモブキャラの異様なまでの結束とそれに対する主人公のリアクション。
あのリズム感はすばらしいの一言に尽きます。

んで地の文つーのも特徴ありますが今回は第三者目線(遥奈原家の誰か?)で描かれています。
そこではご高齢の方の語り口じゃないかと感じるような書き方です。
人によっちゃ鬱陶しさを覚えるかもしれません。
つか今回その珍しさに良かったと思っても次回以降くどいと感じるかもしれません。

内容は陰陽師の初雪と転校生の織人とが織り成す物語。
今回は初雪が秘密を隠しているんだけどそれを織人が知って…ということが始まり。
それを伝えようとするけれども中々上手く行かない、それでトラブルに巻き込まれる。
基本的に全編そういうのです。

ぶっちゃげ話自体は1巻ということもあってプロローグという感じ。
妖怪の親玉とかいるんじゃねぇの?とかもっと掘り下げていきそうなところがチラホラ。

また前作同様サブキャラが魅力的です。
なんでカラー絵がないんだろう(表紙にはいるけれども)と思うほどですね。
この辺りは以前同様きっちり一線を引いているというところでしょう。

次回以降どうころぶのか気になる作品です。
それにしてもドクロちゃんと比較してしまったなぁw
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/1931-7e16d911


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。