FC2ブログ










寒暖の差が激しいですね  はてなブックマークに追加

☆HORSERIDERS
朝起きたらいい具合に早かったので広島まで行ってプレー。
とりあえずver.upはどうなんだろうという具合で。

さてシングルですけど正直色んな馬が使えて楽しいっすw
普段使わない高コストの馬をバンバン使ってね。
これが結構良くて脚質研究にもなる。
とりあえず先行馬って楽だなーとw
あくまでもシングルでの高コスト馬での印象ですけれども初期パラだと先行できる馬の方がいいのかなと。
まー高コストということでスタミナ高めだしそれが要因だよな。

でシングルの印象はGI辛いなーとw
春天、NHK、オークスと負けました。
とりあえず逃げデュランダルは反則だろw

まー負けた理由としては昨日紹介した動画のような馬群の捌きやりたいなと色々やってたら脚が無くなったw
それかな。
今日はゴール直前でスタミナ切れつーのがちょくちょくあったしあんまり攻めすぎるのも問題ありだな。

でシングルということで全国と同じローテなんで数戦全国やってみました。
スイープトウショウ@ヴィクトリアマイル/2着
ステイゴールド@日本ダービー/3着
ヒシアマゾン@宝塚記念/3着
ストロングブラッド@プロキオンS/2着
ドリームパスポート@函館記念/1着
レジェやグラマスとマッチングするということでやっぱり厳しい。
VMでは行けると思ったら高レベルレジェのラモーヌにやられた。
あれは上手かった。
ステゴは4角でナリブーに弾かれたのが痛かった。
ヒシは重馬場で差せというのが酷です。
ストロングブラッドは俺の騎乗ミスかな。
正直連打が早かった。
ドリパは切れ切れ。
スタミナを大きく余しての差しきり。

というわけでついにドリパがデビュー。
函館記念のメンバーはマック、スーパークリーク、ビワとS以上という豪華さ。
しかしみな先行ということで徹底的に溜めてドカンだ!と意気込んで騎乗。
先行馬だらけということで差し位置の最内を余裕でキープ。
んでシングルで学んだ「瞬発力型はギリギリまで動かさない」ということを実践したらはじけた。
正直直線入って3着から数馬身差あったんだけど250mからの連打で間に合うプラススタミナがかなりあまり。
イメージしていたほどの瞬発力型とは違う印象でしたし少々持続気味に乗っても大丈夫かなという感想。

育成枠ですが次回にはデジとポプロが完成の予定。
デジはスタミナを上げきれば折り合い以外マックス。
ポプロはスピスタ完成しましたけれども瞬発力、根性が9台ということでどちらかをマックスにしてから出走の予定。
テイエムは瞬発力上がりきるのか普通に不安ですw

次回プレーはいつかのう。
出来るだけ早めにする予定ですけど最近天気が不安定だからねぇw

☆買い物
“文学少女” と神に臨む作家 下 (ファミ通文庫 の 2-6-8)
灼眼のシャナII 第VIII巻〈初回限定版〉
さつきばれっ! (まんがタイムKRコミックス)
文学少女はもうネタバレみちゃったしなぁw
あと欲しいものとしては乃木坂姉妹のCDがあったんですけどメイトで姉が売り切れていたので買わず。
そいでラムネDVD-BOXを予約しようと思ったら予約券がなくなってる/(^o^)\
駄目元で頼み込んでみたら確約できないけれども一応やっておくよということ。
まーニュアンス的には手に入るだろうけれどというところだから大丈夫でしょう。
ぶっちゃげ広島で買わずにも通販という手もあるんだけどさすがに3万円のものを通販する気にはならず。
実家暮らしで代引きだと死ねるね。

○競馬系
☆新潟2歳S
・父
フジキセキ1-0-0-3
チーフベアハート1-0-0-1
アグネスタキオン1-0-0-1
タニノギムレット1-0-0-0
ボストンハーバー1-0-0-0
スペシャルウィーク0-1-1-7
タイキシャトル0-1-0-1
キングヘイロー0-1-0-1
テンビー0-1-0-0
グラスワンダー0-0-1-2
ゴールドアリュール0-0-1-1
カーネギー0-0-1-1
へクタープロテクター0-0-1-0
・母父
ニホンピロウイナー1-0-0-1
トニービン1-0-0-1
へクタープロテクター1-0-0-0
タイテエム1-0-0-0
ミスタープロスペクター1-0-0-0
サンデーサイレンス0-1-0-2
サッカーボーイ0-1-0-2
コマンダーインチーフ0-1-0-1
インザウィングス0-1-0-1
ビショップボブ0-1-0-0
サクラユタカオー0-0-1-1
リアルシャダイ0-0-1-0
ティッカネン0-0-1-0
クリスエス0-0-1-0
エーピーインディ0-0-1-0
ヘイロー系が目立っていますね。
んでフジキセキを除く4頭にはナスルーラが父か母父に入っているという感じ。
つかギム除くとボールドルーラーだねぇ。
2着種牡馬に目を向けると驚きのニジンスキー率。
パッと見た感想としては1着は中距離向きのスピード馬、2着には少し重厚な面のある馬かな。
…タイキシャトルを重厚というのは少し無理があるかもしれないけれども欧州血統だしさw
3着は何ていうか詰めの甘そうな種牡馬が目立ちますw
母父は割りとバラエティ豊か。
その中でもハンプトン系とミスプロ系が2連対と存在感。
で意外なことにナス系がトニービンの1勝とユタカオー、ティッカネン、APの3着1回ずつ。
先週の新潟記念とはまた違った印象を抱きます。

・前走着順
1着5-4-5-48(同級3-0-2-1)
6~9着0-1-0-6
まー1着馬だよなw
んでオープン特別を勝った馬はとりあえず買い。

・前走脚質
逃げ0-1-2-10
先行2-1-2-37
差し3-3-1-11
後方0-0-0-9
・上がり
1位4-3-3-27
2位1-1-2-13
何となく上記の前走1着馬はどう該当するかなと思ったけれども大して変わらず。
上がりなんか絞れると思ったら1位に変動ねぇでやんの。
まー逃げ馬は不振。

・その他
他のレースでもそうなんだけど新潟の根幹って非根幹向きの馬がよく来るのよね。
過去5年ならダイワバンディットやウイングレットがそうかな。
その前まで遡るならバラゲ、ワナなんかもそうですね。
他のレースで言えばオースミコスモなんかも…
そんなにいなくね?w

さて過去の好走馬をみていてあることに気づく。
それは上がり35.0前後で勝ったことのある馬が強い。
ここ5年の勝ち馬のうち4頭がそうですね。
その例外であるゴールドアグリは前走マイルということで条件が違うっちゃ違うかw
そういうわけで延長で挑む馬の上がりには注意。
個人的にはそれなりのペース(極端なスローじゃない)で結果を残せているから重賞でもこれるもんだと考えてみる。
それを思えば2着馬の血統はどちらかと言えば持続型っぽい面々じゃないか。
上がりが速いからといって過信は禁物。

・注目馬
エイシンタイガー
シルクドミニオン
ストロングガルーダ
バンガロール
短縮馬の扱いをどうするか、それが一番の問題。
過去の結果をみても来てないしどうしたもんか。
とりあえず個人的にグッと来たのはストロングガルーダ。
血統的にも面白いし2着候補か。
エイシンタイガーは何となく3着臭いなーと。
シルクは前走1200mというのに一抹の不安を覚えますがなかなか。
バンガロールは前走2着だったけれども狙いたい1頭であります。
結論としてはよくわからんとしておくw

○情報系
【ネット】2ちゃんねるユーザーの男女比は6:4 年齢別では40代が最多
(東京エスノさん)
20代が少ないのが意外だよね。

【野球】日本代表・星野仙一監督、心労が重なりダウン・・・
(2chスポーツニュースナビさん)
元々体調不良で阪神の監督辞めてたよねこの人。
スポンサーサイト




blogram投票ボタン

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/1954-04eea0ad