スポンサーサイト  はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

共鳴せよ!私立轟高校図書委員会 3 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)  はてなブックマークに追加


割かし普通っぽい高校生と非現実的な大人たち。

思い返してみるとそういう側面の強い作品。
まー生徒皆個性的(一名除く)でありながらあるあるネタの活かせるほどに普通。
その個性のカテゴリ分けが上手いんだと思う。
まー人の趣味や力を入れていることって一つじゃないしさ。

それに対して大人たちはまーすごいよねw
元アイドル兼元ホステスな司書さんや人並みはずれた怪力を有する事務員さん。
あと副業していながら貧乏な外国人教師、ビブリオマニアでお金の匂いに敏感な理事長。
まーこんなだよw

だけど生徒が教師に食われっぱなし、というわけでなくあくまでもメインは生徒たち。
そのスパイスとしての教師の使い方の上手さ。
これが面白い理由ですよね。
そのスパイスの量が増える毎に面白さの幅が広がっていく。
事実、俺は1巻のときそんなに面白いと思わなかったけれども2巻で大人キャラが増えてから一気に面白い!と感じるようになったしw

さてこの作品ってあるある系に位置するんだけどそのチョイスの微妙さがw
ありそうで…マジであるの?と思わず聞き返してしまうそんなのが堪らない。
いやなくは無いよな…とちょっと考えてしまう作品。

多分1,2巻のときにも同じようなこと書いてるんだろうな、自分w
個人的に好きな話は「シニアゲーマー」と「基本です」ですね。
スポンサーサイト

blogram投票ボタン

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/2043-d19aae4d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。