FC2ブログ










俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫)  はてなブックマークに追加

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫)
伏見 つかさ
アスキーメディアワークス
売り上げランキング: 10538

兄であると言うこと。

blogram投票ボタン
俺にも妹がいる。
この作品に出てくる桐乃ほど出来た妹ではないけど俺とは正反対という感じ。
ある種立ち位置は同じようなものと言っておく。

んでこの作品って妹萌え!という感じはしない。
一応そういう要素はあるっちゃあるけど変化球だよねw
だって妹である桐乃が妹萌えであるというんだからw

それじゃこの作品ってどういう層に向けているのかと言われればこう言いたい。
妹がいる兄貴に読んでもらいたい作品と。
何ていうか兄である京介の言動にこれほど共感できるとは思いもしなかった。
あと妹との距離感も抜群に良かった。
まさに妹のいる兄のためのラノベと言えます。

兄のことを全くと言っていいほど慕っていない妹が、趣味がばれてしまったが為兄に人生相談を持ちかける。
…最高です。
慕われていないというところは除いて、いざと言う時に頼られることほど兄として嬉しいことはないと言います。
何故なら俺がそうだからw

んで桐乃の趣味はオタク趣味、特にエロゲの妹モノが大好きときた。
それを京介にカミングアウトするんだけど、まーこの時の桐乃の言動がオタクとして共感できたりするんだよねw
カミングアウト時じゃなくてそれ以後の兄に妹モノエロゲを薦めるときがね。

そういう感じで桐乃の言動を受け兄は彼女の抱いている感情に気づく。
その為に一肌脱いで桐乃の背中を押す。

こういうことがあるからこそオフ会のくだりには色んな感情が湧きます。
メインであるところの挫折、その後の…を込みでね。

で、兄は今回のことを通じて今まで知らなかった妹のことを知るんだよね。
勉学、スポーツ、仕事…
こういうことを知って兄は何を思う。

それでこういう流れを踏まえてのクライマックスシーン。
正直に言おう。
俺には無理wwww
だけどわかるw

この作品の一番いいところつーのは妹のためにがんばる兄貴なんですよ。
それが極端に表れているところがクライマックスシーンなのです。
俺には出来ないと書いたけれどもそれは今の俺の立ち位置だから。
もし京介と同様の経験をしていたならば出来なくないんですw
つか妹が桐乃程がんばっていることを知ればやるよ、絶対に。

うん、最高。
話の流れのスムーズさ、それによって得られる兄の行動に対する動機。
それが積もりに積もって最後のシーン。
完璧。

と、兄としての意見を中心にして書きました。
ぶっちゃげ妹のいない人がどう受け取るのかは知らん。
ただ作品としても結構面白いのでおすすめ。
スポンサーサイト




コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/2165-af85eaba