FC2ブログ










うーん  はてなブックマークに追加

なーんか最近ご飯が食えんのんよ。
まー食ったものが重かったというのもあるんだけど納得いかん。

■ダビスタ■
それなんてエロゲ?

いやエロゲなら上手くいくのか(笑)

■ホローアタラクシア■
えへへ、注文しちゃった♪

■マンガ■
みなさんマンガを選ぶときのスタンスというのはどういうものであろうか?
ていうか選ばないマンガの基準とは何であろうか?

私の場合はアニメ化された作品のマンガは自分が見ていない限り買わない。
どんなにそのアニメや原作が絶賛されていてもあまり買わない。
理由はそのアニメに触発されて買ったとは思われたくないからである。
自分がごく普通に興味をもち買う、その情報媒体は大体がインターネットである。
そしてそのレビューしている人のきっかけの多くはアニメであろう。
まー間接的にはアニメに触発されているわけである(笑)
こう考えてみればどうってことない話である。
だたどうしても某NEETのコメントである「働いたら負けかな」的なプライドが働いてしまう。

「俺は普通にこの本に興味を持って買ったんだ、他のオタどもと同じくくりにするな」

こういう感情が私のなかにうずまく。
これはただの同属嫌悪、オタクにはよくあることだ。

だがアニメ化されるということはそれだけ魅力的な作品であると言えよう。
まー最近は萌えに偏重しすぎているとも言えるがそれでも他の作品とは違う何かがあるはずだ。
だが私にはこういうところが見えない。
どうもアニメ化されると聞くとマイナスイメージが先行してしまう。

「あーまた萌えだけで軽いストーリーなんだろうな」

ぶっちゃげそういうストーリーが大好きな人間なのですが(笑)
だけど自分が見つけた(と錯覚している)作品以外はあまり認めたいとは思えないものです。
そうただのわがまま。

じゃ逆に私が選ぶマンガの基準ってなんだろうか?
まー最初に絵ありきです。
ていうか絵がよけりゃそれなりに満足します(笑)

それ以外にも軽めのストーリーを好みます。
過去のマンガやらゲームやらの感想でそういう傾向は察することは容易化と思われます。

あとはひとつだけでもいい点があれば満足する。
正直99悪いところがあっても1つだけ私にとっていい点があれば満足です。
そこへ活路を見出します(笑)
多分私のおすすめと銘打って紹介している作品にもそういうところがあるでしょう。
えー微妙じゃね?と思われる作品もあるかと。
でも、どこか1点でもよければ私は満足です。
ていうか金だして買って満足できないのは悔しいので意地でも探しますが(笑)

まーそういう性格つーのは競馬の予想にも現れています。
何となく1ついいところがあれば他のマイナス要素はなかったことにして予想します(笑)
まー穴あける馬が完璧な条件で走るとは思えませんからあながち間違いじゃない気もします。
ですが極端すぎる(笑)
例えばいつぞやの宝塚でマイソールサウンドを本命にしたことがあった。
そのときは2200があう、という理由だけで買った。
まーそういうやつなんだ私は(笑)

今日買ったマンガやらの感想はまた明日。
明日でも元気あるかは微妙だが(笑)
じゃう。
スポンサーサイト




blogram投票ボタン

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/222-9873e1b9