スポンサーサイト  はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

C3‐シーキューブ〈2〉 (電撃文庫)  はてなブックマークに追加

C3‐シーキューブ〈2〉 (電撃文庫)
水瀬 葉月
メディアワークス
売り上げランキング: 7771

ドS祭り。

blogram投票ボタン
2巻はこうかな。
今回の呪われたアイテムなキャラ攻略のためにドSになるフィア…
ワクワクしますwww

さて今回もあざといくらいにエロやら萌えを刺激するキャラが登場してきます。
ドジっ娘や僕っ娘、クールなかわいいもの好き…
ある種王道的な属性のキャラクターばかりです。
この傾向は言動にもあって、どこかでみたことあるようなものばかりです。
たとえばドジっ娘がジュースをひっくり返して制服スケスケというもの。
ほかにもそういうことを想像させる会話ね。
ぶっちゃげこれだけだとテンプレ的でつまんねぇと思ってしまうのだけど、シリアスとの差。
これが効いている。

今回はある人形が、春亮の通う高校の生徒を襲っているからどうしようというところ。
その人形はその高校の生徒が所有していてその生徒(もちろん女性)とその人形を捕まえようという話。
追いかけるにつれて出てくる疑問、そして仮定。
それらに対し疑心暗鬼になりつつ真実へ近づいていく。

とりあえず実はあのキャラが犯人だったなんて!!!という結末なんだよね。
んでこれってぶっちゃげ最初のカラーイラストで予想できたことなんだよね。
俺は最初そう思っていて本文読んで「あれ?これがこのキャラ?」みたいな疑問を抱いたもん。
だからかあんまり謎解きを考えずに読んで、トリックが判明したときに感動はなし。
まー作者はキャラ紹介のイラストで嘘をつきたくなかったんだろう。
どこからでも推測できるようにという具合に。

とりあえずグロ要素は1巻より少なめ。
これに関しては残念。
あくどいほどの萌えとエロがあるからこそこの過剰ともいえるグロが映えるわけです。
まー今回それを補う形のドS祭りがあったからプラマイ0という感じ。
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/2237-0df1ba4b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。