スポンサーサイト  はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゴドルフィンの末裔 (幻冬舎文庫)  はてなブックマークに追加

ゴドルフィンの末裔 (幻冬舎文庫)
永橋 流介
幻冬舎
売り上げランキング: 86794

競馬を舞台としたサスペンス。

そんなです。
とりあえず他の漫画や小説みたいな華々しさはありません。
後書きにもあるのですがハードボイルドとか渋さが似合う作品。

で、主人公がJRAの職員。
舞台になるのは北海道。
そして馬産地。
正直競馬のシーンを楽しみたいなーなどと思っていたら面食らいます。

ただ今まで扱かわれていなかった馬産の問題、それが殺人事件と密接に関係していくのが面白い。
もう終盤のどんでん返しの連発は手に汗握ってしまうほどの迫力もありました。

んで競馬。
騎手や調教師よりも馬産。
そこで行われいる不正やらが肝。

そいで馬の名前がオリジナルになっているのが楽しい。
サンデーの名前がアルティメッツボムやラムタラがジハード。
そういう感じ。
だけど某トウルビヨン系の種牡馬のモデルが何か皆目検討つかない。

でお話の内容。
面白かったです。
馬産地が抱いている問題と物語が密接に関係していてね。
競馬ファンが幻想を抱いている分野であるけどそこにある生臭さとかが妙な興奮を生んでくれました。

だけどアクションシーンが…
特に終盤がそうなのだけど変に高揚感を煽られる感じなんです。
だけど冷静に見てみると「えー」と言いたくなったりw

それでもかねがね大満足。
何よりサスペンス物として面白い。
そして馬産の話が楽しい。
そういうところに興味があったら是非に。
スポンサーサイト

blogram投票ボタン

買います

この本を、書店で見かけて、日本のディック・フランシス登場の帯文に競馬好きの身としては、触手が動きましたが、まだ迷っていました。でも、感想を読まさせていただいて速攻買うことにしました。面白そうで、楽しみです。
[2009/10/24 13:56] 馬好き [ 編集 ]

これから面白くなりそうな雰囲気の作家さんです。
この作品も粗が多いにも関わらず非常に楽しかったですよ。
[2009/10/26 20:55] syou [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/2569-b862133c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。