スポンサーサイト  はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈5〉 (電撃文庫)  はてなブックマークに追加

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈5〉 (電撃文庫)
伏見 つかさ
アスキーメディアワークス
売り上げランキング: 8

厨二病vs腐女子

そんなです。
黒猫メインというべきですかね。
ですけど結局桐乃が存在感を発揮。
こういう感じです。

新学期になり、京介のいる学校へ黒猫こと瑠璃が入学。
ああいう性格なのでクラスにもなじめずにーという展開。
はい、京介は黒猫におせっかいをかけます。
まースムーズには行かず、黒猫から「妹の替わりか」と怒られたりしますよ。

新学期シーズンということで部活勧誘も盛んなのです。
そんな中ゲーム研究会の超難易度の糞ゲーをクリアすることで物語が動き出す。
なんとそのゲームは作者すら攻略できなかったと言うのに黒猫を含め2人がクリアしたというのだ。
この2人が今回のメインです。

んでその2人目が瀬菜。
超腐女子。
無機物も余裕で妄想できるくらいの猛者。

ひょんなことから黒猫と瀬菜がタッグを組んでゲームを作ることになります。
これを中心とした話が本筋です。

瀬菜。
この作品の特徴だけど普段と暴走のギャップが酷いよねw
物語のごくごく前半のイメージからは想像もつかない変化ですw
まーそういうノーガードの打ち合いがこの作品の魅力です。

何ていうかこういう経験で何を学んだか?というのがこの作品の主題だよね。
その結果がどうであれね。
これを通じてどう成長し、変化したのかそれを感じるのが楽しいのです。
瀬菜のギャップにしても成長してああなったわけでもあります。

ゲームを作った後の爽快感がすばらしいのです。
結果がどうであれ、にかかるのだけどこれがあるからこそ良かったなーと思えます。

んで最後に桐乃が登場します。
シスコン兄貴の尋常でない行動力によってwwww

とても面白かったです。
5冊の中で1番好きと言っても過言ないくらいに。
まー桐乃に罵られなかったからでは無いかと思うのですがねw
スポンサーサイト

blogram投票ボタン

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/2682-1a64cca9


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。