スポンサーサイト  はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

劇場版”文学少女”  はてなブックマークに追加

劇場版でございます。
一時の感情でカッとなって予約してちょい後悔したりしました。
ですけど見て良かったという感想を抱く内容でした。

お話としては美羽編を中心としたものですね。
遠子先輩の進路話を組み込んであったりしてアレンジされたものです。
これの原作を読んだのが一体何年前だったか思い出せないのですが別々の話だったよねw

良かったところとして上記の様に作り直したこと。
ですから既読組も退屈にならず見ることが出来ました。
それでいてもオリジナルの良いところが残っていますので違和感もなし。
話の構成について文句の付け所は無いのです。

んで残念な点。
まずは上映前から言われていましたが輪郭が変w
だって一番最初の心葉の顔がアップになったシーンでちょい笑いが出たくらいだもんw
もう序盤は違和感バリバリ。
ですけど終盤になると作画も安定してきます。
盛り上がる場面での画は問題なし。

そいでキャラの出番の格差が酷かった。
美羽>遠子>>>ななせ>>>>>>>>>その他
こういう感じ。
言うなれば美羽プッシュが凄かった。
まーそれはそれでいいけど出てこないキャラが多いんだよね。
麻貴と流人とか台詞一言くらいだぜ。
さすがに酷すぎる。
そりゃ今回の物語の根幹に関係ないけれどもさw
それならラストシーンに臣くん出してやれよと思いました。

あと個人的に遠子先輩の作品の論評がチョロッとしかなかったのが残念。
数少ないそのシーンが非常にツボに入ったのでもっと見たかったのです。

粗も目立ちましたけどお話自体は面白かったのです。
気になるところも目を瞑れるようなもんだしねw
原作読んでいたときにはななせ優位だろと思ったものですが、映像をみると遠子先輩強い強いw
重要なところでフラグたてまくりなんだよねw
こういうところに注目するのも楽しい要素です。

一言言えば見てよかった作品。
ですけど気になるところもあるんだよねw
思い返すと結構あるなぁw

また続編で遠子先輩の出生の秘密をやってほしいなぁw
…つっても終わり方的に出来ないだろうけどさ。
スポンサーサイト

blogram投票ボタン

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/2807-6df8f1e5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。