スポンサーサイト  はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

いちばんうしろの大魔王 第7話 「伝説の勇者現る!」  はてなブックマークに追加

狙撃されたころね。
それはころねの失敗によるところだそうな。
そういうことでころね退場。
ああ、ころね…

今回のお話のキーパーソンっぽい寛。
妹が登場して…
寛は勇者なんかい?

妹が阿九斗に問い詰めるわけだけど、阿九斗の否定の仕方がねーw
今までナイスガイだと思っていたら今回の応対はねーよw

さいで寛の勇者伝説が自作自演というのがw
ちょっと意表を突かれたw

そんなお話をしている最中に変態登場。
ナマコ召還。
そして妹陵辱w
寛もがんばるのだけどどうにもこうにもw

そいで到着する阿九斗。
けーなも妹もどう考えても事後だよなぁw

変態の発するノイズによって能力を発揮できない阿九斗
消されそう…というか犯されそうになるけーなと絢子。
変態マジ良いキャラw

寛は湖に沈む中がんばることを決心。
そんな中祖父が残した短剣を得る。
で何か変身。

阿九斗のピンチに馳せ参じるのは…ころね!
寛じゃねぇのかよwww
という突っ込みとは別にころねの信念は堅いものですね。

寛は変態じゃなくてナマコ退治に。
やべぇかっこいいw
そしてヒーローは正体を知られてはいけないのねw

正義と悪のぶつかり合いというのは魅力的だね。
正義の逆はまた別の正義というのを体現したぶつかり合いでしたね。

そんな7話。
結局ころねかわいいなぁという感じでございますw
ですけど色々と魅力的なところもありましたね。
変態とかそれに辱めを受けるけーなと妹とかw

個人的にはああいう線の太い絵が良かった感じです。
ああいう骨太感のあるバトルは良いのです。
スポンサーサイト

blogram投票ボタン

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/2828-b3b0137f


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。