FC2ブログ










それは野暮ってもんですよ  はてなブックマークに追加

わんわん、にゃーにゃー。
ご存知のとおり犬と猫の鳴き方ですね。
んで人間が犬の声や猫の声をやるとき「~だわん」とか「~だにゃん」とかつけるよね。

…つーことはさ。
人間が考えるわんとかにゃーとかは方言なのか?
だから広島弁で言うところの「じゃけん」であるのよね。

んでわんとかにゃーとかを方言だとして仮定すると人間が使っている語尾につけるのはおかしいよな。
いくら広島人でもいつも語尾に「じゃけん」をつけてるわけじゃないし。

だから常に「~だわん」とかつけてるやつは素人ですよ。
玄人は語尾にわん、にゃんの使い方はわきまえているはず。

というわけでみんな注意してくれ。
…つーか泣き声=方言という前提がおかしい(笑)

なんていうか某DVDを注文しちゃった(笑)
金がねぇのに…

■本■
昨日の記事を書いたあとからずっとROOMシリーズを読み返していた。
やっぱり面白いね。
住人がもつ異常性、非普遍性つーのを再認識するとまた新しく楽しめる。
んでその非普遍性が普遍性の矛盾をつく。
今まで当たり前だったことへの疑問、そのことを認識する。
それを通して各住人が成長していくのがこのシリーズ通してのテーマ。

で、各住人が投げかける疑問はそれぞれ違う。
綾からは好きになるということ、刻也からは努力のこと、冴子からは愛情と同情の違い、シーナからは愛の対象。
それぞれの命題に対して健一は成長していく。

まー住人以外の人も必ずしも常識人というわけじゃないけどね。

じゃう。
スポンサーサイト




blogram投票ボタン

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/297-192b90da