スポンサーサイト  はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈20〉 (電撃文庫)  はてなブックマークに追加

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈20〉 (電撃文庫)
鎌池 和馬
アスキーメディアワークス (2010-03-10)
売り上げランキング: 572

ロシア前編。

blogram投票ボタン
上条さん、一方さん、浜面さんの3主人公がロシアにやってきました。
そこでそれぞれ絶望に突き当たり、どうにか打開する。
そしてこれからだ!…という感じですよね。
本当に次で終わりですって言われても不思議じゃない。

久々登場の上条さんですが、今回はレッサーと同行。
レッサーが色々とモーションかけますがどこ吹く風。
さすが上条さんです。
モノローグやら読んでいるとインデックスエンドが現実的なのかしら。

で一方さん。
感情の揺れ動きが一番大きかったなぁ。
ま、もともと打たれ強いタイプじゃねぇですしね。
上条さんと対峙したときの感情の吐露はこの作品ならではの熱さです。

つかさ上条さんと一方さんが再び出会ったところというのが異常に興奮しました。
本当に長い間無かったことでしたし、一番の見せ場でした。

最後の浜面さん。
一番奔走したキャラですね。
どこぞの集落の人と一致団結して敵を撃破するシーンは浜面らしいところです。

こうやって見てみると3主人公それぞれらしさを見せたお話でした。
また熱い作品によくあるピンチが訪れた巻でした。
そしてラストではそれに向けて前を向くという感じ。

そして最後の最後にわれらがむぎのんとビリビリさんも参戦。
いやー本当に最終回に向かっているわ。
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/2978-a746a7cc


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。