スポンサーサイト  はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

猫物語 (白) (講談社BOX)  はてなブックマークに追加

猫物語 (白) (講談社BOX)
西尾 維新
講談社
売り上げランキング: 1

にゃあ。

blogram投票ボタン
白です。
二学期のお話です。
語りべは羽川さんです。
阿良々木くんの出番はほぼありません。

そういうわけで羽川さんのおかれている状況やらがわかるのです。
つか今回の騒動も羽川さん自らが行動しないと解決しないお話でしたしねー。
だから阿良々木くん一人称だと都合悪かったのです。

とあることでお家が全焼した羽川さん。
泊まる場所が無いのでひたぎの家と阿良々木家へ居候することに。
ここではひたぎと羽川さんの絡みが最高です。
ああ最高だ!

個人的なクライマックスは前半だったなーとw
やっぱりキャラクター同士の掛け合いが秀逸。
ひたぎの女の子といちゃつく慣れのくだりはワロタw

後半は羽川さんが怪異と対決することになります。
というか羽川さんが自分自身と対峙するんだよね。
まーこの辺は当たり前が当たり前じゃない羽川さんだなぁと。
つか自分のこと頭悪いと言っていたブラック羽川があのクソ長い手紙を読んだことが受けたw

セカンドシーズンつーことで色々なことがスタートしたようなお話でしたねぇ。
というか羽川さんの仕切りなおし編というべきか。
あとは殆ど出番が無かった阿良々木くんが裏で何をしていたのか。
まだまだ楽しめそうです。

個人的には阿良々木くんと他のキャラとの掛け合いのが好きだなーと。
つかひたぎと羽川さんとの掛け合いを読んで、早く阿良々木くんとひたぎとの掛け合いを読みたい!という感じです。

最後の最後で阿良々木くんが出てきたんだけど雰囲気が上条さんぽくて吹いたw
やっぱり阿良々木くんには主人公らしいスター性があるね!
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/3054-e05438ee


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。