スポンサーサイト  はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

変態王子と笑わない猫。 (MF文庫J)  はてなブックマークに追加

変態王子と笑わない猫。 (MF文庫J)
さがら総
メディアファクトリー
売り上げランキング: 297

変態王子、孤高の姫を助け独裁政治を引く王を倒すの巻。


blogram投票ボタン
お話は建前だけで生きてきた主人公横寺くんが笑わない猫像に、建前を無くしたいと願ったことから始まるストーリー。
その願うところに登場する表情豊かで感情をすぐ表してしまう少女月子と一緒に願うのでした…

この主人公である横寺くんは心の奥底ではびっくりするほどエロいことを考えている少年。
しかし建前が上手く何だかんだで生きてきた。
それを打破するために願うわけだけど…
建前抜いたらただの変態…もとい変態王子になりましたw

さいで一緒に願った少女月子は無表情少女に生まれ変わる。
二人はこのままではいけないということで一致団結するのでした。

そんな横寺くんはこの春に転校してきたお姫さまである梓に目をつける。
もとい目をつけられる。
そんな梓を目で追っていく内に彼女の建前の存在に気づく。
その建前を得るために彼は彼女に近づいて…
横寺くんの軽率な行動によって梓は傷ついてしまいます。
心を閉ざした姫を王子はどのように助け出すのか?

これが前半のお話。
8割日常のドタバタラブコメディの様相です。
横寺くんと月子の掛け合いも楽しくんだけど、内容が変態と冷静な少女そのままで面白い。
横寺くんの熱いエロトークに冷たく冷静に返す月子の対比が素敵。

んで残り2割が結構熱いんですよね。
建前が無くなった横寺くんが梓を助け出すところは良かったですね。

後半は月子とその姉であるつくしのお話。
んでこの姉であるつくしは横寺くんも所属している陸上部で鋼鉄の王と呼ばれ、畏怖の対象として恐れられているお方。
一つ前の横寺くんと梓と月子が一緒に遊んでいるところをつくしに見つかり、そのときの二人の会話に違和感を覚えた横寺くんは関係改善に動き出す。

とりあえずこの話はオチがねー…
何ていうかあのオチはねぇよw
すげぇ良い感じで盛り上がっているところをぶち壊す。
言うなれば今日のジャパンカップのブエナビスタの膠着の様なモンだよw

結果として大団円で終わりますよ。
ですけど変態王子として名を馳せてしまった事実は取り消せませんw
結局大損こいたのは横寺くんだけでしたというオチ。

正直期待以上に面白かった。
地の文が非常に面白く、キャラの言いまわしや言葉遊びが良くてドンドン読み進められました。
気づけばあっという間に読んでいました。

ぜひとも2巻以降を読んでみたい作品と言えます。
このままのほほーんと横寺くん、梓、月子の三角関係を楽しんでいきたいですね。

んで結局終わってみたら、二つの事柄って両方とも当人の頭が堅かったってオチだよねぇ…
まー殻に閉じこもるか力で押し込めるかの表し方の違いはあるけれども。
何ていうか結構その辺と普段の雰囲気とのギャップが気になったりしました。

スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/3094-84bf589e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。