スポンサーサイト  はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Felice (1) (まんがタイムKRコミックス)  はてなブックマークに追加


微笑ましい。

とらクリでもそうだったけどキャラクターの動かし方が上手いですよね。
活かし方を知っているというか何と言うか。
読者のツボを知っているというか何と言うか。

とらクリとは違って男性キャラも出てきます。
しかも主人公である凛の幼馴染という立ち位置で。
正直不安を覚えましたが結局杞憂に終わりました。
その男性キャラである大地ですが、凛の保護者的立場からの言動なんですよね。
全く恋愛要素が無いといったら嘘になりますが、基本的に親子みたいなもんだよねw
凛の両親でてこないし。

内容としてはそんな凛というキャラが成長していくお話。
この凛というのは外見小学生っぽくて子供っぽくて男っぽい。
軽く中二病を発症させているような高校生。
ひょんなことで灯里と出会い、凛を女性らしくしようと立ち上がるのです。
…まーこのマイフェアレディ作戦ことフェリーチェは早々にうやむやになりますけどw

しかしながら灯里との出会いにより凛は成長していくのです。
この辺の要素はどことなく少年漫画の熱さを思わせてくれます。
努力の様というのが描かれているのは好印象ですよね。

この作品の良さとして自分としてはキャラの二面性を推したいです。
別に表の顔と裏の顔がある…ということでなく、明るさだけでなくコンプレックスを併せ持つ様が良いのです。
ていうか自分のウィークポイントを自覚しているのが良いんですよね。
よくある”自分のことを馬鹿だと思っていない”ということが無いわけです。
無知の知です。

さいでこの自覚というのがある意味新鮮に感じるのです。
そしてそのウィークポイントにブツかってそれを乗り越えていくのが良い。
ご都合主義じゃないところがまた魅力。

後半になりお嬢様学校へ通う玲亜が登場します。
ここから大地を巡っての恋愛要素がじわりじわりと顔を覗かせてきます。
つってもそれが主題になるわけでもないですし、基本的に女の子のキャッキャウフフがメイン。
玲亜を交えてどのような変化を見せるのか。
これからも楽しみです。
スポンサーサイト

blogram投票ボタン

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/3192-2c30a52c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。