スポンサーサイト  はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

IS〈インフィニット・ストラトス〉 3 (MF文庫J ゆ 1-3)  はてなブックマークに追加

IS〈インフィニット・ストラトス〉 3 (MF文庫J ゆ 1-3)
弓弦 イズル
メディアファクトリー
売り上げランキング: 99

メインヒロイン。

blogram投票ボタン
1,2巻と冷遇されていた箒を中心に物語が展開されていきます。
あとは二人の姉、千冬と束だのう…

お話は臨海学校です。
最初の流れ的にはのほほーんとしたお話かと思っていました。
だってラウラがドイツ軍へ連絡をとって一夏のことを相談するところとかねぇw
お前ら仲悪いんじゃねぇのか?と思ってしまうくらい。
まーこれは勘違いがあったらしいけどね。

さいで今回初登場は箒の姉である束。
雰囲気は明るいんですけど、正直興味ある人間以外に対しては冷酷。
セシリアが話しかけたときの応対はゾクゾクした。
ていうか目的のために手段を選ばないところもなかなかすげぇ。
その用意周到さというかストイックさはぬるま湯体質のこの作品では異質。

まー結局のところ、3巻は篠ノ之姉妹だったのう。
というか束の手のひらの上で踊らされていた。
よくよく思えば千冬もそうだけど、この作品って大人が強いよね。
普通は子供の方が可能性があって…というのが多い気がします。
ですけどこの作品は山田先生含めて子供に対して核の違いを見せ付けていく。
子供は子供なんだなぁ。

まーそういう大人の壁にぶつかってそこからどう乗り越えるかというのがこの作品ですね。
一夏も箒も謎のIS暴走事件でその自信をへし折られます。
そこから子供たちだけでがんばっていくんですよ。
ていうかヒロインたちが協力し合うんですよね。
そういうあたりの成長を感じられるストーリーでしたね。

ヒロインが揃って物語がペースアップ。
束の存在含めて目を離せない作品です。
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/3202-443aefb5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。