スポンサーサイト  はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゆゆ式 (3) (まんがタイムKRコミックス)  はてなブックマークに追加

ゆゆ式 (3) (まんがタイムKRコミックス)
三上 小又
芳文社 (2011-03-26)

感覚を共有する。

3巻になりましてメイン3人以外に相川さんをはじめとして岡野さん、長谷川さんも絡むようになってきました。
つかこの1冊通して岡野さんと長谷川さんとの交流を深めるストーリーだよね。
それだけにラストのページは最高にグッと来た。

この作品は言ってしまえば女の子がキャッキャウフフしている作品。
よくある萌え4コマです。
しかしその面白さは他の萌え4コマとは一線を画しています。

ゆずこにしろ縁にしろハイテンションな言動をするキャラクターです。
しかしきちんと一線を引いているんだよね。
しょっぱなのお豆さんなんかその最たるものでした。

で、そういう常識的な面をきちんと持ち合わせているところも良いのだけど、
彼女たち3人が共有している感覚、そして空気感があるのが良いですよね。
そこから伝わるのは3人の信頼感です。
そして生まれるのがここまで言って良いというラインですね。
またそれぞれが何を考えて言ったり言うのをやめたりするのかがわかるのが良いよね。
そういう説明があるだけでキャラクターがグッと身近に感じます。

んで相手のことが分からないゆずこたち3人と相川さんたち3人。
その彼女たちがちょっとした触れあいから打ち解けていくのです。
ここら辺がちょっとハラハラするんですよね。

結局みんなしっかりとものを考えて言動を行っているのが好印象に繋がっているんですよね。
だからこそ日常系ながら桁違いに面白いし、説得力も増すわけです。
3巻になって益々面白くなったこの作品。
あとはいつアニメ化されるのか楽しみですねw
スポンサーサイト

blogram投票ボタン

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/3254-1e5489c0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。