スポンサーサイト  はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

花物語 (講談社BOX)  はてなブックマークに追加

花物語 (講談社BOX)
花物語 (講談社BOX)
posted with amazlet at 11.04.03
西尾 維新
講談社
売り上げランキング: 1

神原視線。

blogram投票ボタン
季節は春。
暦たちが卒業した後の物語です。
直江津高校には神原以外の主要キャラがいないのです。
そういうわけで全編神原視点のお話となります。

暦視点ではないということで物語の雰囲気も幾分違います。
ていうか神原に対する印象が変わるような感じですね。
天真爛漫であっけらかんとした印象の神原ですけど内面は常識を持ちイメージのギャップに悩む高校生なのです。
そんな彼女の自分探しのお話。

今までのシリーズであったバカな掛け合いは全くと言っていいほどございません。
最後の最後で暦と神原とのちょっとした掛け合いがある程度です。
まーそこはそこで面白いのだけどねw
火憐ちゃん逃げてーw

お話自体は結構暗めでしたが結末としてはハッピーエンドという感じ。
なので読後感は思ったよりすっきりでした。
結果としてこぶしとこぶしで語り合った様なけじめのつけ方でしたしねw

読んでて思ったのは神原の立ち位置が暦みたくなったらこういう感じになるのかなぁと。
暦を知っている神原だからこそどうすれば良いのかということを悩んでしまうんですよね。
そこから段々と考えがまとまっていく様、というか覚悟を決めるところは良かったです。
ちょっとしたサクセスストーリーでしたね。

今までのイメージとは違う作品でした。
しかしながらこれhこれで面白いなぁとw
傾・花と変化球でこられているので次の囮はどうくるのか楽しみであり不安でもあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/3261-f81fe6aa


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。