スポンサーサイト  はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

緋弾のアリアIII 蜂蜜色の罠(ハニー・トラップ)  はてなブックマークに追加

緋弾のアリアIII 蜂蜜色の罠(ハニー・トラップ)
赤松 中学
メディアファクトリー
売り上げランキング: 1358

兄貴の性癖。

blogram投票ボタン
理子回でした。
イ・ウーのナンバー2であるブラドの別荘へ理子の母の遺品を泥棒しにいく話。
泥棒というか奪還しにいくというべきか。
最後のバトルではまさかの人外対戦となって驚きましたw
しかし最後の最後、キンジの兄の性癖で全てが吹っ飛んだw

今回は理子の過去に重きが置かれています。
いやーああいう設定好きです。
絶望的な状況から這い上がってくるのって素敵。

理子といえばイ・ウーに所属していたということで、イ・ウー関連の情報がチラホラと出てまいります。
曰く能力を教えあう…コピーできる…

さて小夜鳴先生ことブラド。
とりあえず読んでて途中で気付くでしょw
ルーマニアやら夜型やら聞いていたらねぇw
ちょっとその辺あからさま過ぎだと思いました。

しかしながらサディスティックな性格は良かったなぁ。
煽るように理子の秘密を語っていくところとかゾクゾクした。
んでそのときの秘密つーのが良いね。
良い遺伝子を遺伝していなかった、故に5代目リュパンを産むための機械として監禁していた…
なかなかグッとくる設定でした。

途中で”カナ”という少女に関してキンジが動揺するんだよね。
これは過去に何かがあったに違いない!と思うわけで、ワクワクしていました。
まだ見ぬ新ヒロインだ!…と思っていました。
そしたら最後の最後で登場しましたよ。
その正体は兄が女装していた姿。
えーwwwwwwえーwwww

内容自体はそこまでかなーと思いました。
しかし各所に潜んでいたイ・ウーや各種伏線。
そして兄貴の言葉…
4巻はどう展開していくのでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/3343-3594ee3b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。