スポンサーサイト  はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

これはゾンビですか?3 いえ、それは爆発します (富士見ファンタジア文庫)  はてなブックマークに追加


爆笑?スベリ?

blogram投票ボタン
そういう感じでこの作品の合う合わないは、この作品のギャグテイストが肌に合うかどうかだね。
今回でいえば調理実習のシーンがそれだよね。
あそこをしらけた気分で読んだらもうダメだろうねw
俺はテンション高く読んだよ。
冷静になっちゃダメだよw

前回のラストでユーが失踪。
それを探すのがメイン…なのですが何ていうか今まで以上に日常パートが多め。
上記の調理実習シーンと言い、学校のシーンが多いなぁ。
まーこれはユーがいなくなったからこそ、というべきシーンみたいですけどね。

さてこの巻の主役はセラと言うべきじゃないかと思います。
前回、ユーを暗殺するという命に反した行動。
そのことで吸血忍者仲間からのけ者にされたわけです。
そんな彼女が最終的に再度許されるまでの展開というのが結構見ものだと思います。
ヘタれ加減なセラもなんか良いよね。
隙の無い女性が崩れゆくところは必見。

後半はバトルが多めになります。
2巻でもそうだったけどイマイチ想像し難いなーとか思ってみたり。
あと夜の王討伐がやけにあっさりなのも気になったり。
まーどうやって止めを刺すか、というところは前段階できっちりやっていましたからわかることはわかるよw
でも何ていうか…物足りない。

そんな3巻でした。
日常パート多めで楽しめたことから、この作品は基本的にそういうところで楽しむ作品だなと再認識。
抜けたハルナもかわいいし、デレ加減のセラもかわいい。
そういう成分多めでよかったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/3369-8033a2bc


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。