FC2ブログ










ひだまりスケッチ (6) (まんがタイムKRコミックス)  はてなブックマークに追加


進路。

一番最後のヒロさんの話が全てかなーと。
吉野屋先生が初めて信頼できる大人として見ることが出来たしねw
今までそこまで漂っていなかった卒業というキーワードを色濃く感じられる話です。
しかしながらヒロさんの「卒業したくない」という旨の発言は心に響くものがあるけれども、この作品のほんわかさとは似合わないなーとも思う。

さてこの作品って結構成長が見られる作品でして、今までこの役割の全てをゆのがまかなっていたと言っても過言ではない。
勿論今回も彼女は悩んで結論を出します。
しかし今回はなずなの成長を感じる機会が目立ったなと。
夏休み最後の日の「クラスの友達と会うのが楽しみ」という発言は入学当初を思い起こせば大きな進歩ですよね。
見てみればゆのは先輩というポジションにガッチリ収まっているなぁと。

作品の質が変化していることを感じさせられた6巻。
終わりが近いのかな。
スポンサーサイト




blogram投票ボタン

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/3500-e4ce5335