FC2ブログ










ひぐらしのなく頃に  鬼曝し編  はてなブックマークに追加

ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編 (1)
鬼頭 えん 竜騎士07
角川書店 (2006/04/07)

完全オリジナル展開の話。
読む前までこの表紙のキャラが圭一的ポジションで雛見沢に来るのかと思ってた。
違ったw

んでこの主人公はレナみたく興宮から都市へ出てきたという少女。
ま、レナが茨城の方にいたときのような話かな。
それが読みつつ思ったこと。
だけど違った。
多分違うはず。

中身は普通の生活をしてたのにあるとき雛見沢でガス事件が起こる。
それを機にしてその少女の生活は壊れていく…
ああきっかけは違うけどいつものひぐらしだね。

んで読みましたが何かひぐらしという感じがしない。
ああ、あのバカらしいノリがないのか。
何かそこが恋愛ちっくなノリになってる。
その違いか。

で、主人公の家にはおばあさんがいてその人はオヤシロ様信奉者。
んで世の中では似たような信奉者が家族を巻き込む殺人事件を起こしていた。
そしてそんな祖母は…
ここからは読め。
読んで異常性というのを確かめろ。
この怒涛の展開はひぐらしらしい急展開だ。
また今まででた3編よりグロ要素が強め。
なかなかよろしいw
直接的な絵はありませんがよかった。

そしてここからまた今までのひぐらしと違うところ。
やっぱり場所が違うと展開のしかたも違うよね、というところです。
この違い、村落コミュニティじゃない場所でのお話。
とても続きが気になります。

他に感想を載せているサイトさん(敬称略)
本と○○どっちが大事なの!?
さくら日記
スポンサーサイト




blogram投票ボタン

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syou710.blog16.fc2.com/tb.php/686-b1805aa2


ひぐらしのなく頃に「鬼曝し編」第1巻の紹介

ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編 (1)今まで単行本化された「鬼隠し編」「綿流し編」「祟殺し編」は先の読めないスリリングな展開、真相に迫るほど立ちはだかる数々の謎、人間の手によるものとは思えない衝撃的な惨劇が魅力的でした。「鬼曝し編」は謎がない反面、惨劇の部分が
[2006/04/13 02:45] URL さくら日記

「ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編」 1巻

本屋で見かけ、こんな話あったっけと思いつつ購入。最初は登場人物が違うことを疑問に思い、適当に悟史が詩音をほっといて女の子口説くのか、とか邪推しました(ぉ竜騎士07さん
[2006/04/14 00:26] URL 本と○○どっちが大事なの!?