スポンサーサイト  はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogram投票ボタン
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

落花流水 (7) (まんがタイムKRコミックス)  はてなブックマークに追加


えらく久々な気が…

6巻から1年3ヶ月ぶりなんだけどそれ以上ぶりに思うのは何故だろう…
ま、そんな7巻。
インプロ買ったけど読み終わっていないんだよなぁ…

さていつの頃からか、この作者さんの描く絵の輪郭がやけに太くなりましたね。
それ以降印象が変わって仕方ありません。
別にこれが悪いわけじゃなく、今まで抱いていたイメージと大きく違うよねーと思ったりするだけです。

んで内容はいつも通り弓道部の面々がキャッキャウフフするお話です。
前巻よりレギュラーになりつつある日工大付属の方々。
何て言うかそっちの方が新鮮だったなとw
ジェーンのいじられキャラっぷりが板について仕方ありません。

話を本編に戻しますが、秋穂と水夏の関係は深くなったというより熟年期に突入したなとw
今までは秋穂が水夏のために暴走するというパターンでしたが、この巻ではこの二人が思わせぶりな言動をしてるんだよねー。
いったい何があるやら…

何て言うか百合ってこういう言動の端々から感じられる趣が大事だと思うのです。
そういう意味で言うとこの作品って結構ドンピシャだとも考えられます。
特に初期の秋穂からの変化を考えると色々と面白い。
…ま、個人的にはそこまで報われないパターンの方が好きなんですけどね。

そういう感じで気づけば7巻のこの作品。
これからも同じような空気で進んでいって欲しいと思いました。
blogram投票ボタン

森田さんは無口 6 (バンブーコミックス)  はてなブックマークに追加


新キャラ登場。

やっぱりこういう日常系の作品って時間を経て味が深まるなと。
特にこの作品なんてその言葉がピッタリです。

そういや初期と比べて森田さんって表情豊かになったよなー。
無口だけど表情は語ると言いますかそんな感じですね。

喋らない森田さんなので、ある意味究極の受け身キャラだよね。
ということで作品の面白さというのは必然的に周りのキャラに拠るところところが多いのです。
んでここ数巻は今まで以上に友達を始めとした周りのキャラにスポットライトが当たっています。

さいでこの友達関係のネタが面白い。
美樹と比べて掘り下げられていなかった千尋と花のエピソード。
特にこの二人が放課後出かける話なんて素敵ですよ。
また今までほのめかす程度だった花の黒さが徐々に強くなっているところとか受けますw
つかだんだんと花も存在感見せるようになったなぁ。
ま、そんなところで友達たちの個性が光るのです。

そんなで冒頭の新キャラというのが出てくるわけですが、見延さんという1年生が登場します。
森田さんをモデルにした話を描こうとしてだんだんと森田さんに惹かれていくのです。
…ま、実際2つのエピソードに登場しただけだから新キャラというのは言いすぎかもですね。
だけど1話限りかと思ったら違うところでも登場しただけに…気になる存在です。

相変わらず安定して面白いです。
んで各所でパワーアップしているところが見えるので読んでて楽しいよね。
長らく続いて欲しい作品です。
blogram投票ボタン

けいおん! highschool (まんがタイムKRコミックス)  はてなブックマークに追加


足りない。

帯にも書いてあるけどアフターストーリーだなーと。
エロゲのエピローグかというくらいざっくりしていた感じです。
もっと本編なみにじっくりやって欲しかったというのが本音。

内容は唯たちが卒業後にあずにゃんたちががんばるというお話。
基本的な軸は部活しろよ的なHTTのテイストが存分に発揮されております。
ただ一環してあずにゃんの部長としてのスタンスを模索している作品だったなーとも思える。
今まで自分がいた位置の後輩に対しどう接するのか…部長らしさとは…
何か本編以上に熱いよねw
そしてそれこそが「あずにゃん版けいおん」のカラーなんだろうなと思いました。

んで後輩たちのキャラクター性も素敵。
特に直の面白さが話を追うごとに分かっていくところが良いなと。
そしてこの作品特有の「同級生の絆」つーのが菫ときっちり築けているのも高ポイント。

本当に感想としては「物足りない」ですよね。
考えるに流れが以前のものを踏襲した感じなんだよね。
基本的に本編のハイライト見ているような感じだし。
もっとサプライズと言うか違った日常も見たかったなーとも思う。
それだけにこの1年を2冊くらいにして単行本化して欲しかった。
blogram投票ボタン

私のおウチはHON屋さん(6) (ガンガンコミックスJOKER)  はてなブックマークに追加

私のおウチはHON屋さん(6) (ガンガンコミックスJOKER)
横山 知生
スクウェア・エニックス (2012-09-22)

バランス感覚。

ギャップ。
女子小学生がエロ本コンシェルジュとしてがんばるこの話。
これだけに限らず1話1話にギャップが目立つ作品ですよね。
エロギャグでワッハッハと思えばしんみり〆たりするのがメインですよね。
そういうスタンスがしっかりしているんですよね。

んでみゆのキャラクター性がすばらしいのですよ。
純真な子供らしさや素直さというのが光っているんだよね。
27話と29話なんてみゆ以外のキャラじゃないと成り立たないよねと思う。
あんなに嫌味なく人の良いところを評価できるキャラとかいないよw

そういや前の巻では母の謎がチラホラと出ていましたが、今回はそんなところ全くありませんでしたね。
まー次がキャッキャウフフということだし無理にシリアスじゃなくても良いよねw
blogram投票ボタン

GA -芸術科アートデザインクラス- (5) (まんがタイムKRコミックス)  はてなブックマークに追加


夏。

5巻は丸まる全部夏のお話です。
美術系高校生徒の夏の過ごし方という内容です。
にしても多彩な夏へのアプローチで、こんなにも夏を感じさせる事象が多いものかと驚かされました。

んでさりげないところで5人の信頼感を描いているのが秀逸。
野田ちゃんの夏の学校を一人で過ごす話や教授が言った「一人で帰ったことはない」という発言。
そしてただしんみりさせるだけでなくちゃんとクスリと笑わせるポイントもあるのがまた良い。
このバランス感覚は並大抵のものじゃないよね。

何はともあれこの巻も最高でした。
というか巻を重ねる毎に面白さが進化しているよね。
彼女たちがすごした日数分、その関係が深くなっていく。
そういうところを感じられて良かったです。
blogram投票ボタン

南鎌倉高校女子自転車部  はてなブックマークに追加

南鎌倉高校女子自転車部 1 (BLADE COMICS)
松本 規之
マッグガーデン (2012-01-10)

南鎌倉高校女子自転車部 2 (BLADE COMICS)
松本規之
マッグガーデン (2012-08-10)

長い長い導入。

メロンに張っていたポスターを見て購入。
内容は女子高生が自転車に乗る話です。

主人公であるひろみが高校進学を機に交友関係を広げる。
…広げるというか自転車を縁として友が増えていく。
そんなお話です。

さてこの作品は非常に話の進みが遅いです。
よく言えば丁寧。
鎌倉の美しい景色を存分に楽しんで欲しいという作者の心意気を感じます。

んでタイトルの自転車部。
ネタバレになるけど2巻の終わりに漸く発足します。
それまではその部員になる友達との出会いばかりです。
言うなれば1,2巻はエロゲでいうところの体験版だねw
そして2巻の終わりでオープニングが始まるイメージですw

まー色々と”惜しい”作品の様に思いました。
とりあえず2巻で準備完了という感じですし、これから一気に爆発してくれることでしょう。
blogram投票ボタン

ゆりゆり (百合姫コミックス)  はてなブックマークに追加

ゆりゆり (百合姫コミックス)
なもり
一迅社 (2012-07-25)

百合って良いね。

これを読むとゆるゆりって百合とはちょっと違うんだなと思っちゃうね。
ま、百合作品って結局はそのキャラが葛藤したりするシーンが肝なんだなと再認識させられました。

内容は過去発行の同人誌の総集編ということでオムニバス形式です。
それぞれ色んな形の百合があります。
あと段々と絵が上手くなる様も見れます。

まー同人誌作品ということで各作品それほどページ数は多くありません。
なので基本的なパターンとかは同じっすよね。
この辺普通に1つの作品として1冊描いてほしいところです。

個人的に好きだったお話は1番最初の奴。
アフター含めて最高でした。
特に本編とアフターで立ち位置が入れ替わるところとか最高でした。
ああいう関係が変わってからの変化を描かれるのが最高に好きです。

そこまで期待していませんでしたが良かったです。
やっぱり正統派の百合って良いなと再認識させられました。
blogram投票ボタン

天然あるみにゅーむ! (4) (まんがタイムKRコミックス)  はてなブックマークに追加


パワーアップ。

とりあえずあるみと真貴の描写のパワーアップ加減が半端ない。
寧ろそればっかりだった印象ですw
しかり両人はソロでもカップリングでも輝くから良いね。
そんな感じの4巻です。

ただその煽りを受けたのは2年生組。
生徒会組の出番も殆ど無かったし、メインのお話もそれほどでした。

ま、それほどあるみと真貴のインパクトが強かったのです。
もうこの巻が最終巻じゃないのか?というくらいに様々な設定を使いまくりでしたし。
勿論まだ続く様です。

今まで楽しく読んでいた方なら問題ないかな。
いや、2年生組好きだとちょいと不満が残るかもです。
ただそれを補って余るほどの勢いは健在です。
blogram投票ボタン

しましま日誌(1) (アクションコミックス)  はてなブックマークに追加


表紙詐欺。

作者さんは森田さんは無口で存じ上げております。
まー離島でのそういうほのぼのした作品だろうと考えておりました。
だって表紙もそういうのどかな感じじゃん。
ですけど中身はギスギス。

いや実際ギスギスは一部で残りの大部分はのほほーんとしたまったり空気です。
それだけにその一部分が目立って仕方ない。

主人公望は新任教師で離島の学校への赴任が決まる。
そいでそこでの奮闘っぷりを描いた作品です。
ええ、そういう作品です。

ひぐらし等ムラ社会の閉鎖性を描いてきた作品というのはありました。
山でそういう話はありますが、海の方だとそういうのあんまり見ません。
そしてこの作品も基本的には開放的と言いますかそういうムラ社会つーのは無い。
しかしこの学校は離島に所属しているということで全寮制。
その中の派閥争いというのに望は巻き込まれていくのです…

と大層に描きましたが読み終わって見返すとそこまで人が死ぬような問題ではない。
前出のムラ社会を描いた作品ほどのことは起こらない。
だけど新任教師、しかもその渦中にいるわけで望の胃薬はマッハ。
しかも前任の教師はその騒動に巻き込まれて辞めたと来たら…

そいで生徒としてこの作品の核となるのがクラスのボスであるひなと主席である杏。
ことあるごとに杏に突っかかるひな、そしてそれを気にすることもない杏。
普通ならひなの涙目敗走で終わりそうだしコメディチックに終わりそうなところである。
しかし物語は当事者同士間の問題ではすまないのです。
ひな・杏ともに友人はいますのでその友人が不安がったり、当人以上に敵意むき出しになったり。
俺としてここの辺りの描写がドストライクです。

さて1巻の内容としてはその物語が盛り上がってきたところで終わりです。
まだまだひなと杏の謎など分かっていない情報もあります。
そういう辺りが次回以降露出していくことでしょう。

基本的にほんわかした話です。
しかしただただゆるーい話ではなく、先生としての緊張感が常にある内容です。
それだけに派閥問題に関しての望の気持ちも痛いほどわかるのです。
ああ、すげーいいところで終わっているだけに次が早くでることを望みます。
マジで。
blogram投票ボタン

ちょっとかわいいアイアンメイデン (1) (カドカワコミックス・エースエクストラ)  はてなブックマークに追加

ちょっとかわいいアイアンメイデン (1) (カドカワコミックス・エースエクストラ)
α・アルフライラ
角川書店(角川グループパブリッシング) (2012-06-01)

エロス!エロス!エロス!

まー何ていうか今までの一般作品では感じなかった性的興奮がある作品です。
色々とお色気作品つーのはありますが、それを大きく凌駕するエロスがこの作品になります。
この作品のテーマは拷問だったりしますし、各キャラたちに色んなフェティズムがある様に思えます。
そのフェチがもう俺の琴線に触れまくりですよ。
寝る前に読んでいましたが興奮で目が覚めたよw

お話は拷問の才能があるということで拷問部に勧誘された結月の葛藤や素質が開花する様を見ていく作品です。
他キャラも一癖も二癖もあり、さすが拷問部という面々ですw

上で散々エロいエロいと書きましたがそこまで直接的な表現はありません。
つか拷問しているシーンありません。
精々出てきて拷問器具までです。
そこでソフトならば装着シーンもある感じです。

だけど拷問が絡まないシーンでの表現がとことんエロい。
つかさ、蒼空という男の娘キャラがいるんだけどさ、こいつのタマがチラリしているシーンがあったりするからねw
もう拷問じゃないシーンは割りと凄いです。

基本的にロリ3人の露出が多いというか深く描かれている場面が多いです。
というか年上2人の正体なんかほとんど明かされてないしね。
ということでロリ3人が好きです。

色んな意味でスマッシュヒット。
そして成人向けじゃないのがある意味で惜しい作品ですw
まだまだ掘り下げていくネタも多いですしこれからも期待していきたい。
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。